ソフトバンクの回線を用いてサービスを提供する「NEXT mobile」(ネクストモバイル)のポケットWiFiは、大容量の通信料を格安の料金で利用できることで注目を集めています。

現行の機種の通信速度は下り最大150Mbpsで、外出先での利用としては十分な速度を有していると言えますね。




しかし大容量とは言え、使い切ってしまえば通信速度は高速通信から低速通信に制限されてしまいます。

また、一部の通信サービスには、月間の通信容量を残した状態でも短期間の通信速度制限が設けられていることもあります。

利用する側としては「いきなり遅くなった!」と驚くことも多いんじゃないでしょうか?

そこで、NEXT mobileポケットWiFiの速度制限についてまとめてみました。


■速度制限とは?


まず最初に、そもそも「速度制限とは何か?」について解説します。

一言で言えば「インターネットの通信速度が遅い状態になる」ということです。

前述の通り、NEXT mobile(ネクストモバイル)ポケットWiFiの現行機種の最大通信速度は150Mbps、一般的にこの数値が大きいほどに短時間で多くの情報量をデバイスに読み込むことができます。

これにより、ウェブサイトの表示が早く、ファイルのダウンロードも早く、ネットで動画を再生するときにも途切れ途切れになることがなく、「快適なネット環境」を利用できます。


速度制限を受けると、通信会社・サービスごとに異なりますが、100~200Kbps程度まで低下してしまいます。

NEXT mobileの場合であれば128Kbpsまで速度が低下してしまいますので、元の通信速度から大きく低下してしまいます。

ちなみに128Kbpsという通信速度、歴史的に見てみると1990年代後半に普及していたインターネットの通信速度に近いんです。

どれだけ遅いのか、実際にこの時代のインターネットを利用したことがある人ならわかるんじゃないでしょうか?


■NEXT mobile(ネクストモバイル)で通信速度が制限される原因は?


では、NEXT mobileのポケットWiFiを利用する中で、通信速度制限を受けてしまう原因は何でしょうか?


●月間データ量を超えてしまう

NEXT mobileで通信速度制限を受ける理由は「月間データ量を超えてしまった」という場合です。

NEXT mobileには「ギガネクスト30」と「ギガネクスト20」という2種類のプランを提供しています。

プラン名に記載されている30と20というのが、それぞれのプランで「月間でこれだけ(30GB・20GB)までなら高速通信できますよ」というルールです。


つまり、例えばギガネクスト20を契約して、1ヶ月が終わる前の段階で20GB以上のデータ通信をしてしまった場合、翌月まで通信速度が制限されてしまうのです。

例えば25日の段階で通信量制限を超えてしまった場合、月末までの残り5日間は低速通信でインターネットを利用するしかなくなってしまうのです。


●短期間のデータ通信量の多さによる速度制限は無いの?

他のモバイル通信サービスを利用したことのある方はは経験があるかもしれないのですが、モバイル通信サービスの中には「短期間のデータ通信量の多さ」を原因として通信速度が制限されてしまうケースがあります。


どういう事かというと、多くの場合は3日間のデータ通信量を通信会社がチェックして、規定のデータ通信量を超えていた場合に翌日以降の通信速度を1日制限するというものです。

ルーターの利用スタイル次第ではあるのですが、外出先で動画を視聴する機会が多い人など短期間にデータ通信が集中しやすいユーザーの場合、これによって通信速度を制限されてしまうことが多い傾向にあります。


では、NEXT mobileの場合はどうでしょうか?公式サイトの情報によれば、

「どちらのプランも混雑回避のための3日で3GBや10GBのような日ごとの制限はありません!」

と記載されていて、今のところは心配なさそうです。

短期間での通信速度制限に関する規定は、通信会社によっては公式サイトでも曖昧にしか説明されていないことが多いので、明確に否定されているのは非常にありがたいですね。


ただし、これがいつまでも続くという保証はありません。公式サイトにも、

「今後制限をかけさせていただく可能性もございます」

と記載されています。

つまり、今後ユーザー数が増えるなどサービスの提供における状況が変化すれば、短期間のデータ通信量による速度制限をかけられるようになる可能性もあるということです。


■速度制限されてしまったらどうれば良いのか?

次に、月間データ量を超えてしまい、翌月になるまで通信速度が制限された時の対処法について解説します。


●基本的に「何もできない」

結論から言うと、一度速度制限を受けてしまった場合、つまり月間のデータ通信量を超えてしまったら、翌月までは低速通信でインターネットを利用しなければならなくなります。

通信会社・サービスによっては、通信速度制限実施後にお金を払うことでこれに対応できるケースもあります。


この場合、あらかじめ定められたレートでデータ通信量を追加購入することになります。

購入できるデータ通信容量の単位(100MB単位か1GB単位)と値段は通信会社ごとに違います。

人によっては、追加容量の購入レートが安い通信会社を選ぶということもあるみたいです。


NEXT mobileには、このシステムが実装されていないんです。公式サイトの「よくある質問」にも、

Q「追加料金を支払うことで制限解除は出来ますか?」
A「制限解除は出来かねます。ご了承ください。」

と記載されています。

つまり、追加料金を払ってでも、高速通信を復旧させたいという使い方は、NEXT mobileでは不可能であるということです。

今のところはプランで設定されている20GBもしくは30GBの通信量を超えないように注意することが重要です。


●プラン変更はできないの?

次に、「プラン変更」について解説します。

プラン変更とは、契約後に同じ通信サービスの別のプランに切り替えるということです。

例えば「通信量が足りないから、上位の容量のプランに変更する」とか「通信量が余るから、下位の容量の安いプランに変更して節約する」といった理由でプラン変更を行うということです。


しかし、NEXT mobileの場合はプラン変更ができません。

公式サイトの注意事項には、

「契約期間内のプラン変更は不可でございますので予めご了承お願い致します」

と記載されています。


NEXT mobileの契約期間は24ヶ月間、つまりNEXT mobileの利用開始から2年間は、プランを変更することが出来ません。

事前に自分が使っているデータ量を確認して、後から変更することが無いようにすると良いでしょう。


●データ通信量を節約して速度制限を回避する

現実的な対処方法としては、「契約プランの通信容量を超えないように注意する」ということがお勧めです。

プラン変更や容量の追加購入ができないとは言え、月間で20GB・30GBとなれば、よほどヘビーユーザーでなければ到達するようなデータ通信量ではないと言えます。


1ヶ月でこれらの通信量に到達する原因としては、例えば「外出先で動画視聴などデータ通信量が多いアクションを多用する」「自宅でも固定回線代わりにポケットWiFiを利用している」といったことが考えられます。

例えば、フリーWifi等がある場合には活用する、動画視聴時の画質を少し落とす等の対処で節約することが出来ます。

速度制限を受けてしまうと利便性が下がり、いざという時に困ることもあります。

ポケットWiFiを便利に利用するためにも、データ通信を使いすぎて月間の通信容量を超えないように工夫しましょう。


■まとめ

NEXT mobile(ネクストモバイル)は、短期間での通信速度制限はありませんが、20GBと30GBという大容量の通信をすることが出来ます。

ただし、使い放題のプランは無く、容量の追加購入も出来ないので、すぐにデータ量を超えてしまうという人は使い方を見直し、データ量を節約する必要があるでしょう。


また、2年間はプラン変更ができないため、NEXT mobileを契約しようとする際には、月間でどれだけ多くのデータ通信を利用するのかを出来る限り正確に把握しておくことをオススメします。

以上、(NEXT mobile(ネクストモバイル)ポケットWiFiの速度制限について)でした。



※参考
NEXT mobile(ネクストモバイル)ポケットWiFiを解約する方法
NEXT mobileのポケットWiFiはオススメなの?口コミと評判解析