Speed Wi-Fi HOME L01sはネットでオススメされていて、評判を見ても良く書かれていました。しかし通信速度や料金、評判や性能を調べてみたところ、あまりオススメできないと思いました。

今回は、Speed Wi-Fi HOME L01sを解析してみて、オススメできない理由をご紹介します。


※WiFiを探していてSpeed Wi-Fi HOME L01sに興味のある方は、 WiMAXのW05が断然オススメです。

通信速度もSpeed Wi-Fi HOME L01sと同じレベルで、値段も安くて持ち運ぶ事もできるからです。

Speed Wi-Fi HOME L01sの見た目のデザインが好きな人はそれでもいいと思いますが、性能や料金などを比較すると WiMAXが1番オススメです。WiFiを探している人はこちらも参考にしてみてください。


使用目的等のタイプ別のオススメWiMAXプロバイダもありますので、合わせてこちらも参考にしてみてくださいね。


・年間のトータル費用を安く抑えたい人は【GMOとくとくBB】がオススメ(キャッシュバック含む)

※関連記事

gmoとくとくBBwimax!違約金なしで解約する手順と注意点

・月額の使用料安く抑えたい人は So-net モバイル WiMAX 2+がオススメ(月額2480円から)

・初期費用を少なく使用したい人はビッグローブWiMAXがオススメ

・早く使いたい方、保証が気になる方はUQ モバイルがオススメ


・WiMAXの最新機種は【W05】です。全てにおいて性能がアップしていますので、【W05】をお選びください。

※関連記事

wimaxの人気格安プロバイダ9社を徹底比較!選び方のポイント

高層ビルマンションの何階までWiMAXの電波が届くのか?調べてみた!

wimaxの通信制限を確認する方法と通信制限を解除する方法とは!猿でもわかるやり方

一人暮らしのインターネット回線はWiMAXが最安値!メリットデメリットのまとめ

2018年2月wimax2 のキャンペーンを比較!人気のプロバイダ4選

WiMAXと光回線を徹底比較!通信速度・価格・メリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)通信が安定しない原因と対処法!電波が弱いの?


Speed Wi-Fi HOME L01sの通信速度・高速通信エリア

Speed Wi-Fi HOME L01sの通信速度は、かつてのWiMAX2+と同等程度です。

家での通信でありながらさらに無線で行うわけなので、有線の光回線などよりは劣るはずなのに、その通信速度はほとんど体感的には変わりません。

高速通信のエリアもほとんど変わりなく安定して広がりを見せています。


何よりも通信関係でのトラブルがほとんど無いことが大きいです。

スマートフォンを利用する感覚で使うイメージでしょうか。

使いやすさと通信速度が安定していることはメリットですね。


この通信網は年々広がりを続けていまして、その後スマートフォン並みの地域をカバーするに至りました。

山間部などではまだ繋がりにくいなどの問題もあると指摘されていますが、一般的な住宅街などではまずこうした問題は起こりません。


このSpeed Wi-Fi HOME L01sを住宅街や山間部などで使用したいと思う時には、まずは販売店などにある地図で確認してみることです。

ピンク色で示してあるところはすで通じる地域で、網羅されています。


通信速度自体では外から拾ってくる形ですので、外での電波状況では遅く感じられるときがあることはあり得ます。

ただしむしろ使用する時間帯の方が問題であり、また使用する曜日によっても変わってきます。みんなが使用すれば混雑するということですね。

みんながあまり使用しない時間帯、たとえば早朝や日中などでは、他の回線に全く劣らない速度を保っています。

ですからSpeed Wi-Fi HOME L01sは、時間帯が他の人が使うときなどは避けた方が良い場合もあります。


もしこのSpeed Wi-Fi HOME L01sを利用しようを思う際には、まずは通信が大丈夫かどうかを良くチェックしてからの決断が望ましいでしょう。


Speed Wi-Fi HOME L01sのデータ容量・通信制限

無制限のサービスもありますし1日の制限があるサービスもあります。

無制限のタイプで注意が必要なのは、夕方から翌日の早朝2時頃までは通信が遅くなることがある点です。

翌日の2時までもずれ込んで遅くなることがありますので、注意が必要になってきます。


インターネットを使いすぎると制限がかかりやすくなるので、通信量を確認しながら使いすぎないようにすることも大事なことです。

このときこのSpeed Wi-Fi HOME L01sの器具から直接確認をすることは出来ません。

Speed Wi-Fi HOME L01sは液晶表示などは一切無く、パソコンなどで確認をその都度行っていく必要があるのです。

Speed Wi-Fi HOME L01sの通信速度を測る場合はホームページなどで確認が出来ます。


通信制限はもしかかるときには、通常の場合夕方から翌日の2時頃までです。その後は安定して利用できると言われています。

この通信制限はよほどたくさん使用しない限りは制限がかかることはまずないです。

動画などを見続けることなどをし続けないことで一定の通信量に抑えられるようにはなります。


もし通信量がオーバーしてその通信料金が気になるという人は、あらかじめ使い放題のプランにしておくと良いでしょう。

無制限プランであればもし制限がかかっても利用料は変わりません。それに少し使わないでおくだけでまた前のように使い続けられます。


Speed Wi-Fi HOME L01sでは複数台接続が可能ですから、その分だけ通信量が重なる可能性はあります。

複数でインターネットを利用する場合はその点も注意しましょう。


Speed Wi-Fi HOME L01sの価格・料金プラン

Speed Wi-Fi HOME L01は各社が提供していてそれぞれ特徴があります。

特に注意をしたいのがクレジットカードでの購入の場合と銀行口座振替の場合とで、そもそも利用出来るところと利用できないところとがあることです。


可能ならクレジットカードでの申し込みを行って、その申し込みでお得にSpeed Wi-Fi HOME L01を安く使うことが望ましいと言えます。


個別の料金プランはプロバイダごとで異なっていています。特に注意したい点としてはキャッシュバックの有無です。

基本的にはクレジットカードの利用でしかキャッシュバックが受けられないケースが多く、しかもそもそもの申し込み自体が、このSpeed Wi-Fi HOME L01sのときには出来なかったりしますから、申し込みの際には必ずチェックしましょう。


月々の負担金額も大きく違うプロバイダがあり、クレジットカードの方がお得になる場合が多いです。


銀行振込の際の注意点


クレジットカードが利用できないときには銀行振替になりますが、この銀行振替では注意が必要な点があります。

銀行によってはSpeed Wi-Fi HOME L01sの申し込みと支払を拒否したりする場合があるのです。

特に今までに携帯電話料金の滞納などで引き落としが出来なかったときなどは、その金融機関から拒否される可能性が高まってしまいます。

なるべく滞納がないようにすることと、もし分割払いをしているときには必ず引き落としが出来てることが大事です。


こうした情報は金融機関側は必ず調べてから口座振替の諾否を決めると言われていて、口座引き落としや滞納などがあった情報などは、一定期間について信用情報会社が保有すると言われています。

その期間は金融における事故から6ヶ月と考えられていますので、その間にこのSpeed Wi-Fi HOME L01の申し込みを行っても、銀行側が拒否をしてしまう恐れがあります。


できる限り金融に関する事故がないようにしておくことで、申し込みがスムーズに可能となり、しかも自分にあった利用料の支払いが可能になります。

クレジットカードが利用出来る人は、キャッシュバックの金額や条件を考えてプロバイダを選びましょう。


クレジットカードが利用出来ない人は、銀行振替で支払えるプロバイダを探しておくことが必要です。

なお銀行振替の場合には、手数料を200円程度徴収するところが大半ですので覚えておきましょう。


Speed Wi-Fi HOME L01sの使いやすさ

Speed Wi-Fi HOME L01sは家のみで使用する際には使える器具です。

特に最大で40台までこのSpeed Wi-Fi HOME L01s経由でインターネットが利用出来る点は、他の追随を許さない優れたポイントです。

この点はオススメできるアピールポイントとしてよく知られています。


何よりも使いやすさは抜群でパソコン類とはLANケーブルで接続が物理的に可能になっていますし、その接続が可能な優先ポートは二つありますから、一つはパソコンで使用して残りの一つをたとえば家庭用ゲーム機類などと接続することにより複数台数の接続が容易になります。


無線での設定もこのSpeed Wi-Fi HOME L01sであれば楽ちんです。

設定の仕方などは最初にこのSpeed Wi-Fi HOME L01sが送られてきたときに同封してある取り扱い説明書にも明示されています。したがって設定で困ることはまず無いと言えます。


このSpeed Wi-Fi HOME L01sは一見すると家具のインテリアにも見えますし、家具類と一緒に置いておいてもほとんど問題にはならない大きさです。

円筒状のものですしインテリアとして見ることも可能ですから、ケーブル類をまとめるなどしておけばすっきりした見た目が保てます。


インテリアとして利用しているわけではありませんが、それでも見た目がパソコン類と一緒でいかにも家電製品の一つですよというよりは、家具類やインテリアとして家の中にある方が安心できる人は多くいます。

Speed Wi-Fi HOME L01sの特典・オプション

Speed Wi-Fi HOME L01sの特典やオプションは、各提供元のプロバイダごとで異なります。

Speed Wi-Fi HOME L01自体のオプションはそれほどバリエーションがあるわけではありません。


むしろ通信量の設定やキャッシュバックなどの方で、色々と設定を変えている状況なのです。

すなわち各プロバイダ側の料金設定で、それぞれ申し込みを行う側がいずれを選ぶのかで細かく変わります。


このときの特典やオプションは各プロバイダから受けられるものであって、それぞれの契約で変わってきますし、その料金支払の方法で変わるわけです。

ですから申込時によく確認をすることです。


契約時の注意点


ただし注意点としていろいろなことがあり、契約満了月以外での解約には解約料が発生するケースがほとんどです。

金額的には1万円程度ですが、プロバイダによってはこのSpeed Wi-Fi HOME L01sを分割での購入扱いとしているところがあります。

このときにはその残りの残債も一括で支払わなければなりません。


キャッシュバックでも同じように注意をしなければいけない点として、一定期間よりも前に解約をしたときには、キャッシュバック自体を無効にするものがあります。

この場合はキャッシュバックを既に受けていたときには、そのキャッシュバック分を返金するように求められることがありますので注意が必要です。


その他の特典では、商品券などの配布を行ってるところもありますが、これもキャッシュバックと同じで、もし期間よりも前に解約をしたときには、解約料とは別に同額の返金を求められることがあり得ます。

こうしたことにも注意をしながら申し込みを考えましょう。


なおキャッシュバックは時期によって大きく違います。

時期が違うだけでも大きな違いですが、いつからこうした特典が始まるのかは分からないということがほとんどの場合です。

契約を考えている方は、しっかりとキャンペーンや特典を確認して契約して下さい。


Speed Wi-Fi HOME L01sのサポート

Speed Wi-Fi HOME L01sでは、機種それ自体は同じでも受けられるサポートなどは各提供元のプロバイダによって違います。

そのためプロバイダに話しをすることが一番です。


ただしこのSpeed Wi-Fi HOME L01sそれ自体のサポートは、携帯電話会社の直営店であるauショップでも受付をしてもらえることがあるので、このSpeed Wi-Fi HOME L01s自体を持ち込んで相談する事も可能です。

ただし物理的な故障の場合、たとえば落雷などによる損傷は修理ではなく交換での対応になるケースはでるでしょう。

このとき速やかに考案してもらえるかどうかはその店舗次第です。


在庫がその店にあるかどうかの問題がありますし、そもそもそうした対応をしていないとして対処をしないケースが考えられます。

この場合は、インターネットや最初に送ってきたプロバイダに対して、電話等による連絡で対応を依頼するようになります。


機械類の故障ではない時のサポートは、そのエラーメッセージなどがパソコン等で表示されている場合には、そのエラーメッセージを書き留めておくことが必要です。

そのエラーが何かを特定するのに役立ちます。


またそのエラーメッセージすら表示されないようなときには、その症状をできる限り詳しくメモをとるなどしておいて、電話などで伝えておきます。

その上でサポートセンターからの指示に従っていく流れです。


交換での対応を依頼するときには一般的にはauのショップです。

家電量販店では対応がほとんど出来ませんので注意が必要になります。


このSpeed Wi-Fi HOME L01sについては評価が高く、しかも最新機器です。

そのため持ち込んでの対応を依頼するときには交換できる可能性が高いと言われてはいます。


ただそれも絶対ではありませんし、そもそもその店舗に在庫が無い可能性はありますから、すぐの交換では無く後日の対応として連絡待ちになることはあり得るでしょう。

また近隣にauの直営店がない場合も対応を考える必要が出て来ます。


このときには直接プロバイダのサポートに連絡を入れて対処を考えていくようになっていきますが、通常はものを送って欲しいと言われますし、この場合は交換してくれるケースが多い模様です。

新しいSpeed Wi-Fi HOME L01sが届き次第、また改めての設定を行っていく流れとなりますので、このときには時間がかかります。


Speed Wi-Fi HOME L01の評判、口コミ紹介

性能はSpeed Wi-Fi HOME L01もSpeed Wi-Fi HOME L01sも同じなので、Speed Wi-Fi HOME L01の評判が分かる口コミをご紹介しておきます。

外出先でインターネットを絶対行わないという前提であれば、このSpeed Wi-Fi HOME L01は非常に安定した速度でパソコン等の環境も良いので評判通り問題無かったです。

昼と夜とで大違い!

夜は最悪で、通信速度はほぼゼロ!

昼も、最大速度が上りは下りの10分の1の設定通り、
上りはメッチャショボイです。

ネット繋がらない。

繋がるのはGoogleの検索結果まで。

そこからどのページに飛ぼうとしても無理。

タイムアウトするだけ。

外に持ち運びできればいう事ナシなんだけどなぁ…

その他は特に文句なしです。


まとめ
今回はホームWiFiの最新機種、Speed Wi-Fi HOME L01sを解析してみました。

評判や口コミは悪くありませんが、料金や通信速度、使い勝手などを考えると、WiMAXの方がオススメです。

WiFiをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

※関連記事

ポケットwifiの最も安い月額料金プランを比較!メリットとデメリットを契約前に確認

人気の無制限ポケットwifi4つを比較!固定回線から乗り換えた時のメリットデメリット

持ち運びに便利なポケットwifiの特徴!メリットとデメリットのまとめ

NEXT mobile(ネクストモバイル)ポケットWiFiを解約する方法

NEXT mobile(ネクストモバイル)ポケットWiFiの速度制限について

ソフトバンクモバイルWi-Fiルーターの料金、解約時のデメリット、通信速度のまとめ

The following two tabs change content below.

トオル

元NTT関連会社の社員です。 インターネット通信やWi-Fiの修理のお仕事をしていた知識を生かして、モバイルWi-Fiルーターや光回線等を比較して、お得なインターネット環境をご紹介いたします。 環境にあった早くて快適なWi-Fiの使い方などのウラ情報も知っていますので、Wi-Fiルーターのつなぎ方がわからない初心者の方にも参考になる記事を書いていきますね。 インターネットのつなぎ方がわからない方もぜひご覧ください。 趣味 マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒 ビール 好きな女性のタイプ 深田恭子 きゅうじつの過ごし方 趣味とネットサーフィン