docomoのモバイルWi-Fiは他社のWi-Fiとは大きく異なるため、その利用の仕方によっては非常にお得に利用できるものですが、逆に利用スタイルが合わない場合には非常に割高なものになってしまうため、十分に使い方を検討して使用することが大切です。

なぜdocomoのモバイルWi-Fiは法人に人気があるのでしょうか?

法人契約だけにメリットがあるのでしょうか?

他の会社のモバイルWi-Fiと比較して解析いたします。


結論から言うとdocomoのモバイルWi-Fiルーターはあまりオススメできません。

docomoと言うブランドでの安心感が高いことくらいがメリットだと思います。

通信エリアも現在ではドコモが優位になっているとも言えませんし、圧倒的に料金が高いところがデメリットです。

個人でモバイルWi-Fiルーターを探している方は、WiMAXが値段も安くて使いやすいのでオススメですよ。

こちらも参考にしてみてください。

ポケットwifiの最も安い月額料金プランを比較!メリットとデメリットを契約前に確認


docomoのモバイルWi-Fiの特徴

公式サイト docomo

docomoのモバイルWi-Fiはスマートフォンの接続形態と同じ形態を利用しているため、スマートフォンのデータを共有できると言うメリットがあります。

すなわちdocomoのスマートフォンを利用している人であれば、料金を共有してモバイルWi-Fiを効果的に利用することができるのです。


またdocomoは日本の携帯電話会社の中で最も広い接続エリアを持っており、ほとんどの場所でスムーズに接続できると言うメリットがあります。

そのため様々な場所で自由に利用できるほか、通信速度も非常に安定しているため特にビジネスにおいて法人として使用するには大きな威力を発揮します。


利用料金は他社に比べて割高な面もありますが、通信制が非常に良いため、法人のネットワーク等では非常によく利用されている通信会社です。

そのdocomoのスマートフォンの通信網をそのまま利用して、データ量を共有しながら利用できるdocomoのモバイルWi-Fiは、非常に接続性が高く様々な用途に利用できるものであるため、法人のネットワークのモバイルユースとしても非常に広く利用されています。


docomoのモバイルWi-Fiは通信安定性も非常に高く、動画などを閲覧しても途中で途切れる可能性が非常に少ない点も大きなメリットとなっているため、スマートフォンで動画を利用している人にとっても、非常に便利なネットワークとなっており、このネットワークを利用することでパソコンを利用している際にも、どこでも動画も含めてスムーズに通信ができるという点が大きなメリットです。


他社の場合には通信制限などがあり、動画などでデータ量を多く利用する人にとっては利用しにくい面もありますが、docomoのモバイルWi-Fiでは大容量のデータでもスムーズに通信できるのが大きなメリットです。


さらにdocomoのWi-Fiはスマートフォンとデータの共有ができることから、データ量をそのままスマートフォンと共有することができます。

すなわちスマートフォンで7GBの利用契約をしている場合、スマートフォンとWi-Fiのデータ使用料を合わせて7GBまで利用することができるので、スマートフォンの利用量が少ない人にとっては、それだけモバイルWi-Fiで通信を利用することができるのです。


他社の場合にはそれぞれ個別にデータ量を計算するため、スマートフォンで残りのデータ量が大きくなっていてもモバイルWi-Fiで利用することができませんが、docomoでは共有できるのも大きなメリットです。


docomoのモバイルWi-Fiの料金

docomoのモバイルWi-Fiは他社に比べて料金が割高になっています。

そのためデータ通信が少ない人にとっては経済的にデメリットばかりが目立つものとなってしまう傾向があります。


docomoのモバイルWi-Fiは、スマートフォンとデータ量を共有する仕組みとなっているため、スマートフォンとモバイルWi-Fiを両方を持っている人にとっては、1つの契約の中でデータ量を共有することができ、非常に効率的に利用できるイメージがありますが、実際には一定のデータ量を2つの端末で使い分ける形になるため、データ量が上限に達した場合にはさらに追加料金が発生することになります。


他社の場合にはスマートフォンとモバイルWi-Fiは全く異なる契約となり、データ量の取り扱いも別になるため、料金体系が異なりますが、docomoのモバイルWi-Fiの場合にはスマートフォンとデータ量を共有しているので、その合計のデータ量が超過すれば両方の契約の価格が上がってしまうと言う大きな問題が発生します。


これらの理由によりデータ量が少ない場合には、データを共有できるメリットが非常に大きいのですが、通信料の上限は非常に低くなり、すぐに超過料金が発生してしまうために、通信料が高くなってしまうことになります。

通信制は非常に良いとして人気の高いdocomoのモバイルWi-Fiですが、料金の面では非常に割高になることが多いので注意が必要です。


さらに通信制が高い分データ使用料が高まりやすい傾向もあります。

上手に利用するためには自分が利用するデータ量と、これに対する料金を十分に比較し、自分にとって最もメリットのあるものを選ぶことが重要です。


ただしdocomoの場合には、スマートフォンとモバイルWi-Fiは同じ端末として扱われることになるため、モバイルWi-Fiを2台目のスマートフォンとして効率的に利用することができます。

契約上はスマートフォンを増設する形で、モバイルWi-Fiを契約することができるため、新たにモバイルWi-Fiを契約する場合に比べ、非常に安い料金で利用することが可能です。


しかしこの場合のデータ量は、スマートフォンとモバイルWi-Fiを合わせた使用量で決まるため、データ量が多い場合には追加料金が発生し、割高になってしまうことが少なくありません。

このような理由があるため全体の利用料としてデータ量が多い場合には、他社のWi-Fiに比べ割高となってしまうことが多いので注意が必要です。


docomoは携帯電話料金においても、他社に比べ割高になっていることが少なくありません。

またデータ量に関する割引も少ないため、単に金額だけを比較すると非常に高額な印象を受けますが、その通信制については非常に高い性能を持っているため、通信の安全性の確保と言う点では非常に有利な条件を備えています。

そのため料金が高くてもビジネスで利用する人たちにとっては、信頼性が大きな価値を持っており、高い料金を支払って利用しても、十分その価値を認めることができるものと評価されています。


これにより頻繁に携帯電話を利用する人や古くから携帯電話を利用している人にとってはdocomoの料金は一般的なものであり、逆に他社の安いサービスを利用することにより、接続性について不安を感じてしまうことも多い傾向があります。


※価格の安いポケットWi-Fiルーターを探している方はWiMAXがオススメです。こちらも参考にしてみてください。

wimaxの人気格安プロバイダ9社を徹底比較!選び方のポイント

2018年1月wimax2 のキャンペーンを比較!人気のプロバイダ4選


docomoのモバイルWi-Fiの高速通信エリア

docomoのモバイルWi-Fiの高速通信エリアは日本全国に広がっています。

富士山の上でも通信ができると評判で非常に使いやすく、また通信のストレスを感じない点は他社には真似できない大きなメリットとなります。

これらの理由により料金が高くてもdocomoを使いたいと言う人は非常に多く、特にビジネスマンにとっては、顧客との連絡がスムーズにできるため非常に広く利用される要因です。


仕事の連絡はネットワークがつながらないからといって、顧客に対する言い訳にはなりません。

したがって常に高い通信制を求めるビジネスの世界では、データ量の上限や通信制の問題などが発生しにくいdocomoが、高い信頼を得て非常に多く利用されている実態があります。


また現在でも日本の中では、山間部や離島など携帯電話が非常につながりにくい地域が少なくありません。

さらに都心部では地下などはアンテナを張り巡らせないと通信ができないため、通信会社の企業体力が通信制に大きな影響を及ぼします。


docomoは古くは国策によって通信制を高めてきた経緯があり、現在でもその資産を生かして、山間部や離島及び地下街でも高い通信制を誇っているため、これらの場所で使用することが多い人にとっては、docomo以外の選択肢がなく、その通信制が大きな期待を集めている傾向があります。


docomoでは高い通信制を維持するために最新機器を導入しており、その高速通信エリアは他社が追従できないほど広い範囲にわたっていることになります。

docomoの高速通信エリアは、日本全国のどこでも同じような恩恵が受けられると言っても良いものになっており、そのために高い料金を支払ってもdocomoを使い続けると言う人も少なくありません。


Wi-Fiの高速通信エリアは日本国内では非常に広がっています。

最近ではWiMAXと言う新しい通信網も非常に普及し始めており、高速通信と言う意味ではWiMAXの方が通信速度が速い傾向にあります。


しかしWiMAXの場合には特殊な接続装置が必要なほか、通信手順についても非常に複雑なものとなる傾向があり、特殊な機器が必要になります。

利用料金は現在の携帯電話の回線に比べ安くできると言うメリットがありますが、これを利用するための設備については初期費用として高額な負担が発生する恐れがあり、簡単に乗り換えられない方も多いそうです。


現在のネットワークを効果的に利用した上で、高い通信制を図ることを考えればdocomoのネットワークを利用することも非常に便利な方法となります。


そのため現在の普及しているネットワークの中で、比較的高い高速通信の実現性を維持しようとした場合には、docomoのネットワークを利用するのも良い方法で有ると思います。


docomoのモバイルWi-Fiの通信量

docomoのモバイルWi-Fiの通信量は、その価格から非常に大きい印象を受けるものですが、実際には毎月利用できる通信料は7GBとそれほど大きくなく、しかもスマートフォンと共有で利用するため比較的簡単に上限となってしまう傾向があります。

ただし追加料金を支払うことで1GB単位で追加をすることができるため、料金は高くなりますがさらに多くの通信量を利用することができるようになります。


この仕組みは他社とほとんど同様ですが、通信エリアが広いことや通信速度が速いことなどから、追加した通信量についてもすぐに上限となってしまうことが多く、料金が非常に割高になってしまう傾向があります。

したがって通信料金を気にしながら利用すると言う人にとっては、非常に割高なものとなる反面、逆に通信料金を気にせずに高速通信を行いたいと言う人にとっては、非常にメリットのあるものとなっています。


docomoのモバイルWi-Fiの大きな特徴である、スマートフォンとのデータ共有によりデータ使用量が非常に高くなる傾向があるため、利用する際には十分に注意することが大切です。

利用の仕方によっては大きな通信量を高速で利用できるため、他社にない高速通信を実現することができますが、逆にデータ通信の速度が非常に速いため、思いのほか通信量が増えてしまうことになる点がデメリットといえます。


そのため自分の使い方に合わせて注意しながら使うことが必要で、特に個人で利用する場合には料金を十分に確認しながら通信を行うことが必要になります。


docomoのWi-Fiの通信量は他の会社に比べて非常に安定しており、高速通信が実現できるにもかかわらず、その料金の高さから実態としてあまり利用されていない傾向があります。

料金の安い他社の場合には利用者が多いため通信網が常に混雑しており、帯域として大きな容量を確保しているにもかかわらず、通信速度が安定しなかったり、また高速通信が実現できないといった問題が発生することが少なくありません。


料金が安いほど接続数が増えるため、回線が混雑し速度が落ち込んでしまうと言うのは通信の原則ですが、docomoは古くからこの問題に着目し料金を安くするよりも帯域の安定性を重視してきた傾向があります。


そのため常に高い通信制を誇っており、それが多くの利用者に高く評価されているため、現在の高い人気につながっています。

特にビジネスで使用する場合には通信速度の良し悪しによりビジネスの成果に大きな影響及ぼすため、より安定した回線が求められる傾向があり、これに応えるために十分な設備を用意しているのがdocomoの大きな特徴です。

そのため常に通信料に見合った回線を確保しサービスの安定性に努めています。


モバイルWi-Fiは高速なほど便利と感じてしまうものですが、料金も非常に高額になる恐れがあるため注意が必要です。


docomoのモバイルWi-Fiのオプション

docomoのモバイルWi-Fiには様々なオプションがあり、これを利用することで通信速度をさらに高めることも可能です。

モバイルルーターもオプションで用意されていますが、このオプションのモバイルルーターを利用すると最高速度が260MBもの高速通信が実現でき、動画もスムーズに受信できるほか、様々なビジネスの用途においても非常に効率的に利用できるようになります。


またオプションとして非常に有効なのがスマートフォンとの組み合わせです。

データがスマートフォンと共有できる事は非常に大きなメリットですが、スマートフォンの2台目オプションを指定し追加料金を支払うだけで、モバイルWi-Fiを利用できるようになるほか、データ通信量はスマートフォンの契約をそのまま利用できることになるので、少ない通信量であれば非常に安く利用できることになります。


一般的にモバイルWi-Fiを利用する場合には別途契約を行い、月数千円の基本料を支払うことが必要ですが、このオプションを利用することで基本契約はスマートフォンのままで、オプションの追加料金を数百円支払うだけでモバイルWi-Fiが利用できることになるため、スマートフォンのデータ通信量が少ない人にとっては、非常にメリットのあるオプションとなっています。


ただしモバイルWi-Fiの通信料が増えてしまった場合には、追加料金を支払って増やす必要があるほか、データを共有するためにスマートフォン自身の通信も制限されてしまうことになるので、利用にあたっては十分な注意が必要です。

日ごろスマートフォンであまり通信を行わないと言う人や、モバイルで使用する場合もメールなどの通信が中心となる人にとっては、モバイルWi-Fiが安く使える方法として非常に便利なものとなっています。


docomoのモバイルWi-Fiのサポート

docomoのサポートは他の通信会社に比べ群を抜いています。

そのためモバイルWi-Fiのサポートについても非常に高い品質を維持しており、基本的に通信制の問題が発生してもその復旧時間は非常に早く、利用にあたってストレスを感じる事はほとんどないと考えられるものとなります。

またルーターなどの端末についても故障の連絡をすればすぐに代替品を用意してくれる徹底ぶりであるため、非常にスムーズに利用できるものです。


その理由はドコモのモバイルWi-Fiがビジネスユースをターゲットにしている点にあります。

ビジネスユースの場合にはトラブルで通信ができない場合、法人の利益を損なう大きな問題となる可能性が高く、docomoの通信会社としての品格が問われる大きな問題となるものです。


docomoは全国のNTTのサポート部門を駆使して、迅速かつ総合的な対応を行うような体制になっており、そのために全国どこでも故障が発生した場合には、迅速に修理や交換が行えるようになっています。

またdocomoのネットワークは非常に強固なものとなっており、安全性も非常に高いのが特徴です。


日本では最大と言われる通信網を効果的に利用し、万が一通信網にトラブルが発生した場合には、別のネットワークを利用してデータを迂回させる対策がとられることが多いため、トラブルが発生して一時的に通信が途切れても、瞬時に普及できるような高い信頼性を維持しています。

そのためネットワークに関するトラブルで通信ができないと言う事はほとんど発生せず、ビジネスで利用しても、非常に安定感の高い通信が実現できるため広く利用されるものです。


docomoは携帯電話網の信頼性が非常に高く、そのネットワークを利用したモバイルWi-Fiのサポートは非常に充実したものであることがポイントです。

docomoのサポート体制は携帯電話のスタートから培った、非常にしっかりとした体制を継承しており、これが他社とは異なる大きな点です。

携帯電話のスタートにおいては、その回線が非常に少なかったためすぐに帯域がパンクし、大きなトラブルを招くことが少なくありませんでした。

これに対応するためにdocomoでは様々なサポート体制を充実させてきた経緯があります。


また同じNTTグループとして、NTT東西やコミュニケーションズといった関連会社のサポート体制も利用できると言うメリットがあるため、サポート体制は非常に強固なものが実現できるバックボーンとなっています。

他社のWi-Fiの場合には、基本的に利用者自らが対応する形となるのが一般的ですが、docomoの場合には実際にサービスマンが動作を確認するまで対応してくれると言うメリットがあり、しかもこれらのサービスが無償で提供される点に大きな特徴があります。

そのため特にWi-Fiに関して、初心者の場合には非常に利用がしやすいことが評価されています。


docomoのモバイルWi-Fiの設定方法

docomoのモバイルWi-Fiの設定方法は、パソコンのネットワークの設定ができる人であれば非常に簡単に設定ができます。

基本的にはデフォルトゲートウェイをモバイルWi-Fiのルーターに設定するだけなので、誰でも簡単にできるものとなっています。


ただしパソコンに詳しくない人にとっては、このデフォルトゲートウェイの設定は非常に難しいものであり、またその他の様々な設定を行うところもあるため、万が一パソコンの環境が初期状態でない場合などは混乱してしまうことも少なくありません。

そのため必要に応じて無料でパソコンの設定を行ってくれるサービスも提供しています。


またdocomoでは専用のルーターをレンタルしてくれるサービスを提供していますが、自分で購入したWi-Fiルーターを使用してモバイルWi-Fiを利用することも可能です。

この場合にはWi-Fiルーターの設定が必要となり、その内容についてはdocomoから提供されるので、これに従ってルーターを設定することが必要です。


このルーターの設定に関してはある程度のネットワークの知識と、インターネットの知識が必要になるため、これらの知識がない人にとっては非常に難しいものとなります。

万が一ルーターの設定に自信のない人は、レンタルのモバイルWi-Fiルーターを利用したほうが無難で、またトラブルが発生した場合のサポートも受けることができるので安心です。


サポートの内容によっては無料で行ってくれることもあるので非常に便利です。

ただしレンタルのルーターの場合には月額の使用料がかかるため、費用がさらに高くなることが予想されます。

この点に注意して利用することが大切です。


docomoのモバイルWi-Fiの口コミ

docomoのモバイルWi-Fiは他社のモバイルWi-Fiと仕組みが大きく異なるため、口コミにおいてもその評価が大きく分かれています。

高速データ通信を頻繁に利用する人にとっては、通信速度が速くデータ通信量も非常に大きいため利用価値が高く、安心して利用できるものとして評価が高くなっていますが、通信料金を気にする人にとっては割高と言う印象があり、評価が低くなっている傾向があります。


ただし注意しなければならないのは、その口コミが自分の利用の方法と一致しているかという点です。

特に料金面については、他社では非常に安いモバイルWi-Fiを提供しているところが多いのですが、この場合には通信制限の上限が低かったり、データ通信の実行速度が低い恐れがあり、通常の利用状態であっても快適に利用ができないといった問題が発生することもあります。


さらに利用場所によっては通信速度が大幅に低くなってしまうことも考えられ、利用する場所や時間帯、及び利用頻度等でその評価が大きく変わることに注意が必要です。

docomoはどこでもストレスなく快適に利用できる環境が整っており、この点では口コミにおいても非常に評価が高く、ビジネスでも充分利用できるものとなっていますが、利用料金を考えた場合には他社よりも非常に割高となり、また追加料金も発生しやすいため、口コミでの評価が低くなる傾向にあります。


口コミを参考に利用を検討する場合には、その前提条件を十分に認識した上で評価することが大切です。


また口コミは個人での利用に関するものが多いため、ビジネスで利用する場合には全く異なる評価を考慮し検討することが必要です。


また口コミの中には他社のデータ料金と同等に比較しているものもあります。

しかしdocomoの場合には契約形態が全く異なるため、一概に比較することができないことに注意が必要です。

ドコモの場合にはモバイルWi-Fiもスマートフォンの1種として考えている傾向があり、そのため料金の面ではスマートフォンと同じようなプランで行動することが正しい方法です。


これによりスマートフォンの料金プランが利用できることから、その利用方法によっては上手に安く使えることがあります。

この点に関する口コミも多く掲載されているので十分にチェックすることが大切です。


実際の利用法としては2つのデータ使用量を意識して、総合的に契約の範囲内に抑えることで、他のサービスを契約した場合に比べ安く利用できることも口コミでは評価されています。

そのためdocomoの口コミは良い評価と悪い評価の両方があることから、その内容を十分に確認し、自分の利用の仕方に最も近い口コミを参考にしましょう。


口コミ

1ヶ月で7GB以上の通信をした場合は、当月末まで通信速度が128Kbpsに速度制限されます。

1GBあたり1,000円を支払えば、利用可能データを増やすことができ、Xi本来のスピードを維持できます。

「3日間で1GB以上の通信をした場合」も速度制限がかかります。

エリアの範囲が広いだけでなく、国内の隅々まで電波が行き渡っているのも、ドコモのすごいところです。

7月上旬~9月上旬の登山シーズンは、富士山の山頂でもLTE通信が可能です


docomoのモバイルWi-Fiの乗り換え

docomoのモバイルWi-Fiの乗り換えは決して難しいものではありません。

現在利用しているモバイルWi-Fiの解約の方法にもよりますが、現在docomoのスマートフォンを使っている人であれば、すぐにでもルーターを設定し利用することができるようになるため非常に便利です。


乗り換えにあたってはパソコンやルーターの設定を変更する必要があります。

これらは利用が開始された後でdocomoから設定表が送付されるので、この情報に従ってパソコンやルーターを設定するだけですぐに利用できるようになります。


またルーターレンタルを申し込んだ場合にはルーター本体が送付されるので、これに合わせてパソコンの設定を変更すればすぐに利用できるようになるのです。

ルーターレンタルを利用した場合、パソコンの設定が自分でできないと言う人についてはあらかじめ申し込んでおくことで、ルーターが送付されるのではなく、サービスマンがルーターを持って自宅を訪問してパソコンをセットしてくれるので、これが完了した時点ですぐに利用できるようになります。


そのため乗り換えは非常に簡単でかつ手間のかからないものとなっており、現在の利用しているモバイルWi-Fiの利用を止めることでスムーズに乗り換えることができます。

ただしパソコンの設定やルーターの設定がしっかりと行えないと切り替えができないことになるので、これを避けるためには自分でこれらの設定が行えるかをしっかりと確認し、できない場合にはdocomoにサポートを依頼しておくとスムーズにできます。

あらかじめパソコンの設定を確認し、スムーズに乗り換えができるかをチェックしておくと便利です。


docomoのモバイルWi-Fiの解約時の注意点

docomoのモバイルWi-Fiを解約する場合には、その時期によっては違約金が発生するので注意が必要です。

基本的にはスマートフォンと同じように、契約時に長期契約の申し込みをしているケースが多いので、この契約期間に満たない場合には高額な違約金が発生します。


また、ルーターレンタルを利用している場合には、レンタル期間が満了する前に契約の解除をしてしまうと違約金が発生するので充分に注意することが大切です。


基本的に解約を行う手続きはスマートフォンの場合と同じように、一定期間に満たないと違約金が発生することになります。

その期間は契約満了月から遡って1か月間となるため、解除する場合にはこの期間を狙って行うと違約金がかかりません。


ただしモバイルWi-Fiの契約を行ったタイミングと、ルーターレンタルの契約を行ったタイミングが異なっている場合には、同時に解約をするとどちらかの違約金が発生してしまうといった恐れもあります。

そのためそれぞれのサービスの契約期間を確認し、契約を上手に利用するなどしてできるだけ違約金がかからないように、そのタイミングをしっかりと合わせることが必要です。


例えばモバイルWi-Fiを利用し始めて2か月後にルーターレンタルを開始した場合、モバイルWi-Fiの契約満了月に解約しようとすると、レンタルルーターの契約満了時期までに2か月を残すことになるため、この際にはモバイルWi-Fiの契約を2か月だけ延長し、レンタルルーターの契約に合わせて解約をすると違約金がかからないことになります。


このように契約満了月以外に解約をすると違約金がかかってしまうので、契約満了月を十分に意識した上で解約を行うことが必要です。

まとめ

docomoのモバイルWi-Fiは高速通信性に優れ非常に利用する上でのメリットが大きいサービスですが、料金が高いと言うのが大きなデメリットになっています。

これらを踏まえて、自分の利用の仕方に合っているかを十分に検討した上で利用することが大切です。

※ポケットWi-Fiルーターの関連記事

高層ビルマンションの何階までWiMAXの電波が届くのか?調べてみた!

持ち運びに便利なポケットwifiの特徴!メリットとデメリットのまとめ

wimaxの通信制限を確認する方法と通信制限を解除する方法とは!猿でもわかるやり方

一人暮らしのインターネット回線はWiMAXが最安値!メリットデメリットのまとめ

WiMAXと光回線を徹底比較!通信速度・価格・メリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)通信が安定しない原因と対処法!電波が弱いの?

au(KDDI )のWiMAXは本当に料金が安いのか?調べてみた!

人気の無制限ポケットwifi4つを比較!固定回線から乗り換えた時のメリットデメリット

当日にレンタルできる海外旅行向けWi-Fiレンタル会社ランキング

WiMAXの通信速度が遅い原因と簡単にできる対処法!

The following two tabs change content below.

トオル

元NTT関連会社の社員です。 インターネット通信やWi-Fiの修理のお仕事をしていた知識を生かして、モバイルWi-Fiルーターや光回線等を比較して、お得なインターネット環境をご紹介いたします。 環境にあった早くて快適なWi-Fiの使い方などのウラ情報も知っていますので、Wi-Fiルーターのつなぎ方がわからない初心者の方にも参考になる記事を書いていきますね。 インターネットのつなぎ方がわからない方もぜひご覧ください。 趣味 マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒 ビール 好きな女性のタイプ 深田恭子 きゅうじつの過ごし方 趣味とネットサーフィン