海外旅行先でも日本のようにインターネットを利用したい時は、海外Wi-Fiのレンタルサービスがオススメです。

その中でも知名度が高い人気のレンタルWi-Fiが、イモトwi-fiとグローバルwi-fiです。


それぞれ特徴の違いが有るため、選ぶ際には利用目的や希望に合わせた選び方が求められます。

ここでは、海外旅行にオススメのレンタルWi-Fi!イモトwi-fiとグローバルwi-fiについてそれぞれの特徴を比較していきます。

海外旅行用のモバイルポケットWi-Fiルーターを探している方は参考にしてください。


※関連記事

当日にレンタルできる海外旅行向けWi-Fiレンタル会社ランキング


海外旅行時にポケットWi-Fiルーターがオススメな理由


海外旅行に出掛ける時に、ぜひ用意したいのがポケットWi-Fiルーターです。

海外旅行先でスマートフォンを利用する場合、インターネットにつなげるためにはWi-Fiは必要不可欠であり、レンタルポケットWi-Fiルーターはぜひ準備しておきたいものの1つです。


大手携帯会社では、海外旅行先などで利用できるパケットサービスも提供していますが、料金が非常に高額なため利用しにくいのが難点です。

また、その国の現地SIMを利用するという方法もありますが、言葉が通じないところでのSIM契約はとても難易度が高いうえに不安も抱いてしまいます。


だからと言って、現地のフリーWi-Fiスポットを利用するのは、セキュリティ上のリスクが伴います。

そこで活躍してくれるのが、海外で利用できるポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスです。


レンタルWi-Fiは、海外パケットサービスなどと比較して料金が安いうえに、1台で複数台のパソコンやスマホが利用できるというメリットがあります。

海外旅行の場合、複数人で行くことがほとんどなので、ポケットWi-Fiルーターが1台あれば、現地でもみんなで共有することができます。


海外旅行時にポケットWi-Fiルーターを持って行くと、現地で役に立つことが様々あります。


●地図アプリで迷い知らず


旅行先が初めて行く場所では、いくらガイドマップを持っていても迷ってしまうものです。

そんな時にWi-Fiが利用できればスマホの地図アプリが使えるので、目的地までスムーズにいくことができ時間を無駄にしません。

言葉がわからない海外旅行では、絶対に必要なオススメの地図アプリです。


●翻訳アプリも利用できる


海外で現地の言葉が分からないと何もできません。泣

こんな時に翻訳アプリを使えれば、言葉がしゃべれなくてもアプリが会話をしてくれて、現地の人とコミュニケーションをとることができます。

Wi-Fiがあればスマホでこうした使い方も可能です。


●変換プラグアダプター付きで海外旅行先でも充電可能


外国のプラグやコンセントの形状は様々で、日本製品の機器を使おうと思ってもプラグが合わず使えない場合があります。

そのため、いくら海外の電圧に対応したスマートフォン充電器を準備していっても、コンセントに挿し込めなければ何の役にも立ちません。


レンタルWi-Fiならば空港で受け渡しができ、その際に旅行先のコンセントに適した変換アダプタも付けてくれます。

そのため、どこでもストレスなくスマホの充電が行えます。


●迷子になる心配無し


リゾート地やテーマパークなど多くの人が集まる場所では、油断すると迷子になることも考えられます。

初めて訪れた海外で迷子になってしまったら、どうすれば良いか途方に暮れてしまいます。

しかし、ポケットWi-Fiルーターを持っていれば、半径20m程度の距離であれば電波も届くので、連絡をすることができます。

迷子にもならないので安心です。


●日本価格と比較しながら買い物ができる


買い物をする場合、海外価格と日本価格を比較してより安いものを購入したいものです。

買い物をする時にインターネットで料金の比較ができると、海外でも賢くお得に買い物ができます。


他にもSNSを利用できたり、レストランやホテルの評判をチェックできるなど、モバイルWi-Fiルーターを持っていることで、多くのメリットが有ります。


イモトwifiの特徴

公式サイト イモトのWiFi


まずはイモトwifiの特徴を紹介します。


海外用のモバイルWi-Fiルーターの中で、今話題となっているのが「イモトwi-fi」です。

イモトwi-fiとは、世界各地を旅している女性タレントのイモトアヤコも利用している海外用ポケットWi-Fiのレンタルサービスで、大手旅行代理店のJTBと提携していることから、世界200か国以上でインターネットを利用することができます。


イモトwi-fiは現在多くの海外渡航者に利用されていますが、その大きな特徴は4つあります。


①定額制なので安心して利用できる

海外で安心してインターネットを使用できるように、イモトwi-fiは1日680円~の定額制となっています。

この料金設定は、国内の大手キャリアの2分の1の料金で非常にリーズナブルです。

海外旅行は何かとお金が掛かるので、定額制は利用者からも高い評価を受けています。


②初心者でも簡単に操作できる

イモトwifiは初期設定などを全て済ませてから受け取れるので、電源を入れてパスワードを入力すれば、すぐに利用することが可能です。

そのため、ポケットWi-Fiルーターを初めて利用する人でも安心です。


③現地回線だから高速通信が可能

イモトwi-fiは、世界各国の現地通信会社と直接アクセスを行っているため、現地の人々と同等レベルの3G・4G・LTE回線が利用でき、快適な通信速度でインターネットを利用することができます。


④1日500MBの大容量利用もできる

イモトwifiでは1日500MB利用できる大容量プランも始めており、追加料金なしで利用することができます。

大容量プランでは、短期間に過大通信を行うと速度制限をかけられてしまうケースが多いですが、イモトwi-fiは通信制限がないので、メールのやり取りやインターネット検索、SNSなどをする際にも容量を気にせず利用することが可能です。


大容量プランが利用できる場所としては、韓国・中国・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツなど全65の国と地域となっています。

その他にも1GBのギガプランもあります。


受け取りと返却方法


イモトwi-fiでは、お客様のライフスタイルやニーズに合わせて①宅配・②空港カウンター・③東京本社の3つの場所で、Wi-Fiの受け取りと返却が行えます。


①宅配での受け取り・返却

受渡手数料1台につき500円(税別・全国一律)で、出発の2日~4日前の16時までに申し込みをすれば、宅配にてイモトwifiの受取・返却が行えます。

また、返却手続きは帰国の翌日までに発送手続きをします。


②空港カウンターでの受け取り・返却

受渡手数料1台につき500円(税別)で、空港カウンターでの受取・返却が行えます。

手続きにかかる時間は10分~90分程度で、返却は24時間利用可能な返却ボックスへ入れればOKです。


③東京本社での受け取り・返却

出発の2日前の17時までに東京・渋谷にある本社にて、受取・返却が行えます。

なお、東京本社での手続きでは受渡手数料は無料となっています。


グローバルwifiの特徴

公式サイト 世界中でインターネット!グローバルWiFi


次はグローバルwifiの特徴です。


もう1つの人気海外Wi-Fiレンタルサービスに、「グローバルwifi」があります。

グローバルwifiはJAL(日本航空)と提携しているWi-Fiレンタルサービスで、世界200か国以上の国と地域でインターネットを利用する事ができ、その数は業界トップクラスとなっています。

グローバルwifiの特徴は主に4つです。


①安心の定額制で追加料金無し

グローバルwi-fiでは、海外でも料金を気にせずインターネットを楽しんでもらうため、1日670円~利用できる定額制プランが用意されいます。

この料金設定は、海外Wi-Fiレンタルの中では最安値です。


②1日1GBの超大容量プランも提供

グローバルwifiには500MBの大容量プランに加え、1GBの超大容量プランも用意されています。

500MBでは、

・WEB閲覧なら約2000ページ
・画像添付メールの送信で約1000通
・SNSなら約25万回

利用することができ、1GBならその倍も楽しめることになります。


③現地回線で高速インターネット

グローバルwi-fiは、現地の通信会社のネットワークを直接利用しているため、その国の人達と同じ通信エリア・通信品質でインターネットが利用できます。


④空港・港で簡単に受取・返却ができる

グローバルwi-fiの受取・返却は、日本の主要空港に加え地方の空港からも行うことができ、全部で15箇所で手続き可能となっています。


    ・新潟空港
    ・小松空港
    ・伊丹空港
    ・関西国際空港
    ・博多港
    ・福岡空港
    ・宮崎空港
    ・鹿児島空港
    ・那覇空港
    ・旭川空港
    ・千歳空港
    ・仙台空港
    ・成田空港
    ・静岡空港
    ・中部国際空港

空港では、出国・帰国の際にカウンターで行うことができ、受取時の手続き時間は30秒~10分ととても速いです。


さらに、空港によって返却BOXを設置してあるため、帰国時にはそのボックスにグローバルwi-fiを返却するだけと非常に簡単です。

また、ハワイ・韓国・台湾においては現地での受取・返却が可能なほか、空港で受け取れない場合に宅配の利用もでき、ニーズに合わせた手続きが行えます。


特徴
イモトwifi 定額制で安心、初心者でも簡単、高速通信、1日500MBの大容量
グローバルwi-fi 定額制、1日1GBの超大容量、高速通信、簡単に受取・返却


イモトwifiとグローバルwifiの料金の比較


イモトwi-fiとグローバルwi-fiの特徴を比較してみましたが、一見するとこの2つの海外WiFiレンタルサービスは類似点がとても多いですね。

そこで今度は、イモトwi-fiとグローバルwi-fiの料金について比較していきます。


●イモトwi-fiの料金プラン

通常プラン400MB・大容量500MB・ギガプラン1GB・30日パック(500MB)の4種類があります。

500MBプランでは3Gで680円・980円・1280円・1580円、4GLTEでは680円・1280円・1580円となります。

また、500MBを30日間利用できるプランもあり、長期滞在の際には活躍してくれそうです。


●イモトwi-fiの手数料

主に①受取手数料・②事前受取手数料・③着払料金・④キャンセル料金・⑤延滞料金・⑦安心パック加入時の自己負担金などがあります。


①受取手数料

端末を、空港や宅配を利用して受取・返却をする際にかかる手数料で、1台につき500円となります。

なお、東京本社での受取では手数料は発生しません。


②事前受取手数料

宅配や東京本社での受取日を前倒ししたいときにかかる手数料で、1台1日毎に450円が発生します。

通常では出発日前日に受け取りととなりますが、最大で3日前倒しすることが可能です。


③着払料金

端末セットを着払いで返却したい場合に発生する料金で、1台につき1,000円がかかります。


④キャンセル料金

レンタルセットの申し込みをし、手配後にキャンセルした場合に発生する料金で、1台につき2,100円がかかります。

なお、手配前であればキャンセル料は発生しません。


⑤延滞料金

帰国日2日以内に返却がされなかった場合にかかる延滞金で、1日2,000円が発生してきます。

なお、郵送で返却する場合には、帰国翌日までに発送しないと延滞金がかかります。


⑥安心パック加入時の自己負担金

・あんしんパックプラス500円/日(通常700円のところ、現在200円の割引中)
・あんしんパックフル300円/日
・あんしんパック200円/日

があり、選択したパック料金がかかります。


●グローバルwi-fiの料金プラン

グローバルwi-fiの料金プランは、

・250MB/日の通常プラン
・500MB/日の大容量プラン
・1GB/日の超大容量プラン

の3種類があり、それぞれ通信速度を3G・4GLTEで選択することができます。

国によって利用可能なプランや速度があるため、渡航先も考慮してプランを決めます。


1日500MBの大容量プランでは、

・3Gで541円・921円・1016円・1,111円・1,206円・1,301円・1,396円

・4GLTEで921円・1,111円・1,206円・1,396円・1,491円・1,586円・1,681円

となっています。


●グローバルwi-fiの手数料

グローバルwi-fiでは

①受取手数料:空港・宅配・現地ともに、500円(税別)の手数料がかかります。

②キャンセル料:出発の4日前までのキャンセルでは料金はかかりませんが、3日前から申し込み金額の100%のキャンセル料がかかります。

③延長料金:空港・宅配ともに、事前連絡がなく返却されないときには1,970円×超過日数にオプション金額×超過日数がかかります。


イモトwifiとグローバルwifiの通信速度・データ容量の比較


イモトwi-fiとグローバルwi-fiの通信速度とデータ容量の比較です。


●イモトwi-fiの通信速度

各国の現地通信会社の回線を利用しており、3Gと4GLTEの2種類があります。

カナダの3Gプランではダウンロード時に3~5Mbps程度、フランスの4GLTEではダウンロード時に16Mbps程度が出ます。


●イモトwi-fiのデータ容量

400MB・500MB・1GBの3種類があります。

1日500MBの通信料目安としては、

・地図閲覧が約135回
・WEB閲覧が約2,000ページ
・LINE電話が約1,000分

利用できます。


なお、どのプランにおいても1日のデータ容量を超えてしまうと、通信制限や通信停止になるので注意が必要です。


●グローバルwi-fiの通信速度

現地の通信回線を直接利用しており、3G・4GLTEで通信可能です。

3Gの通信速度は数Mbps~14Mbps程度、4GLTEは75Mbps~100Mbps程度となり、4GLTEの方が3Gの10倍近く速度が速くなります。


●グローバルwi-fiのデータ容量

250MB・500MB・1GBの3種類があり、データ容量は使いたい放題ではありません。

そのため、容量を超えてしまうと通信制限または通信停止になるので注意が必要となります。

ちなみに、500MBの大容量プランでは、

・Skypeの音声電話が約150分
・ビデオ電話が約14分
・YoutubeをHD画質で視聴すると約5分
・LINEメッセージなら約25万回

利用できます。


動画は画質を落とせばより長く視聴することができます。

イモトwi-fiとグローバルwi-fiは、通信速度・データ容量ともに同じであり、2社とも使いたい放題ではないため、過大使用すると通信制限または、通信停止になります。


イモトwifiとグローバルwifiの特典・オプションの比較


イモトwi-fiとグローバルwi-fiでは、様々なキャンペーンや割引特典などを行っているほか、オプションを加えることでより充実した海外旅行ができます。


●イモトwi-fiのキャンペーン・割引特典

イモトwi-fiではいくつかの特典があります。


①早割:30日前・45日前・60日前に予約すると、イモトwi-fiが10%・15%20%オフの価格で利用できます。


②長期割:長期出張や留学などで長期渡航する方に、30日パックプランを最大40%割引くサービスです。


③学割:2018年3月31までの期間中、全プランを対象に学生の方なら5日間利用で1000円オフになります。さらに、オプションも半額になるほか、補償プランが200円割引で利用できます。


④LTEギガ割:韓国・中国・アメリカ・台湾・ハワイ・タイ・香港・マカオの8国において、LTEが1日最大300円オフになります。

2018年2月28日までで、在庫がなくなり次第終了となります。


⑤デビュー割:イモトwi-fiのLINE友達になることで、総額から500円割引クーポンがプレゼントされます。2018年2月28日までの期間限定サービスです。


⑥あんしんパックプラスお試し:補償サービスの「あんしんパックプラス」を、通常700円/日のところ500円/日で利用することができます。


●イモトwi-fiのオプションサービス

補償サービス3種の他、

・モバイル充電池
・360°カメラ
・3口電源タップ

など、様々なオプションがあります。


・あんしんパック:200円/日で、レンタルセットの盗難・紛失・損壊時の弁償代を補償しいてくれます。利用者の82%が加入する人気補償プランです。



・あんしんパックフル:300円/日で、200円パックと同様の補償サービスとなり、弁償代は100%免除されます。


・あんしんパックプラス:300円パックフルに、充電池・電源プラグ・航空機遅延などの保証がプラスされ、200円オフの500円/日で利用できるパックです。


●グローバルwi-fiのキャンペーン

割引特典:業界最安級の長期割引プランがあります。


・長期割引プラン:出張・留学などで長期渡航する際におすすめのプランで、対応国によりA・B・Cの3つのタイプに分かれます。

例えば、アメリカに20日間滞在する場合、通常料金では23,400円ですが長期プランでは18,000円と、5400円も安くなります。


●グローバルwi-fiのオプションサービス

・翻訳機・モバイルバッテリー・マルチ変換プラグなどがあるほか、3種類の安心補償パックがあります。


・安心補償ミニ:Wi-Fi機器等の修理代・弁償代が80%免除され、故障時の代替機郵送サービスが付いて、200円/日となります。


・安心補償フル:ミニの代金が100%免除され、代替機郵送サービスが付いた300円/日のパックです。


・安心補償MAX:500円/日の料金で、フルの補償に加え、携行品損害・パスポート再取得費用を最大10万円補償します。


イモトwifiとグローバルwifiの口コミの比較

イモトwi-fiとグローバルwi-fiについて、様々な観点から比較してきましたが、ここで実際に利用した方たちの口コミを見てみましょう。


●イモトwi-fiの良い口コミ

海外旅行に行くためイモトのwifiを選びました。

レンタル手続きは全てネットでできますし、空港受取にしたので出国前に直接受け取れました。

現地に着いたら電源を入れるだけですぐに使えましたし、地図検索ができて便利なので次回も利用します。


●イモトwi-fiの悪い口コミ

CMなどで知っていたので海外旅行に行く際に、とりあえず知っていたイモトのWi-Fiをレンタルしました。

確かに読み込みも電波を拾うのも速いのですが、すぐに断線するのです。

肝心な時に断線するので、役に立たないことが多くイマイチでした。


●グローバルwi-fiの良い口コミ

海外旅行の際、グローバルwi-fiをレンタルしました。

現地ですぐに接続でき、その後4日間、特に問題もなく快適に使用できました。

家族と別行動をしたので連絡のやり取りにLINEが使えてとても便利でした。

ポケットWi-Fiを持っていることで、いつでも連絡が取れるという安心感はありますし、時間を無駄にするということもありません。

総合的にみてグローバルwifiをレンタルして正解でした。


●グローバルwi-fiの悪い口コミ

出張で中国の蘇州へ行くことになり、グローバルwifiをレンタルしました。

初めは250MBを利用しようと思っていたのですが、250MBの端末が品切れとのことだったので500MBの4GLTEをレンタルしました。

現地で使ってみると、とにかく電波が切れ過ぎでイライラしました。

自動では再接続はしないため、その都度接続しなくてはならずとても面倒でした。

また、受信通知が届かないので手間ばかり掛かる、通信速度はあり得ないほど遅くて使い物になりませんでした。


●イモトのwifiとグローバルwifiの口コミを比較

イモトのwifiとグローバルwifiの口コミとチェックすると、良い評価・悪い評価ともに同じような内容となっていました。

また、海外Wi-Fiを始めて使用する人達からはどちらのWi-Fiも良い口コミが多かったですが、ポケットWi-Fiを良く利用する人からは比較的評価の低い口コミが多かったです。


イモトのwifiとグローバルwifiの両方を利用したことのある人からは、グローバルwifiの方が良いという口コミも数件見受けられました。

海外旅行の行く場所によってもネットへの繋がり方が違うので、一概に口コミだけを見てグローバルWi-Fiの方が良い、と言う感じでもないと思います。


契約から初期設定までの流れ

実際に、イモトのwifiとグローバルwifiを利用する場合にスムーズな利用が行えるよう、契約から初期設定までの流れを把握しておきましょう。


●イモトwifiの契約から初期設定までの流れ


①WEB申し込み・クレジット決済

渡航前に、スマートフォンやパソコンからWEB申し込みをします。

WEB申し込みが完了すると、イモトwifiから予約内容を受け付けたことを知らせる「お申込み完了メール」が、渡航2日前を目途に送られてきます。


WEB申し込みでは、渡航期間・渡航国数・利用国・受取方法・返却方法・支払方法・お客様情報などを入力します。

支払いはクレジットカード決済となり、利用できるクレジットカードが決まっているので利用可能か確認しておきます。


②受取り

イモトのwifiでは、お客様のニーズに合わせて宅配・空港カウンター・東京本社での受取りが可能です。

なお、宅配・空港カウンターでの受取りでは500円の受取手数料がかかります。


注意点としては、渡航後にアップデートをすると予期せぬデータ通信が発生する可能性があります。

そのため、アップデートをする場合には渡航前に済ませておきましょう。


③現地利用

イモトwifiは初期設定を済ませたルーターを受け取ることができるため、お客様が設定することはありません。

そのため、利用する際はルーターのサイドにあるスイッチを5秒間長押しして電源を入れ、ネットワークを選択してパスワードを入力します。

パスワードは、ルーター本体の裏面シールに記載されています。


なお、渡航前の準備としてスマートフォンのデータローミングとモバイルデータ通信を、確実にOFFにしておきます。


●グローバルwifiの契約から初期設定までの流れ


①WEB予約

申し込みフォームから渡航日程・利用プラン・受取&返却方法・補償パックの選択・オプションの選択を入力して料金の確認をします。

その後お客様情報・内容の確認と決済を済ませ、申し込み完了となります。


支払方法は、クレジットカード決済またはNP後払い決済などがあります。


②受取り

空港カウンター・宅配・現地の3つから選択します。

それぞれにおいて受取手数料500円が掛かり、現地受取はハワイ・韓国・台湾のみとなります。


③現地利用

高額請求を防ぐため、接続前にデータローミング・アプリの自動更新・iCloud(iPhoneなど)・クラウドストレージサービス(Android)などは、確実にOFFにしておきます。

接続する際には、ルーター本体の電源を入れ、裏面に記載されているSSIDとパスワードを入力します。

これで、Wi-Fiを利用することができます。


イモトwifiとグローバルwifiの使い方に差はある?


イモトのwifiとグローバルwifiの現地での使い方を、詳しく見てみましょう。


●スマートフォン(iPhone・Android)の接続方法

・ios10の場合:設定アプリを開いてWi-Fiを選択し、本体裏面のSSIDと同じネットワークを選んでパスワードを入力すれば、インターネットに接続できます。

・Androidの場合:設定からネットワークを選択してパスワードを入力すればOKです。


●パソコンの接続方法

・Windows7:タスクトレイにあるWiFiアイコンをクリックし、表示されたネットワークから本体と同じSSIDを選択して接続をクリック、その後パスワードを入力してOKをクリックすれば完了です。


・Windows8:画面右上にマウスポインターを合わせて設定を選択・ネットワークアイコンを選び、本体裏面のSSIDと同じネットワークからパスワードを入力すれば接続できます。

・Mac OS X:アップルメニューからシステム環境設定を選び、ネットワークをクリック・Wi-Fi・Wi-Fiを入にするの順番で無線LAN機能をオンにしていきます。

ネットワーク名からイモトのWiFi本体と同じSSIDとネットワークを選択・パスワードを入力して接続ボタンをクリックすれば繋がります。


イモトwifiとグローバルwifiのどちらも、公式サイトで紹介している接続方法は同様の内容となっています。

また、接続前に行っておく必要事項や注意点などにおいても、どちらも一緒となっていました。


このことから現地での使い方にも大きな差は無く、初めて海外用Wi-Fiを利用する人も簡単に使いこなすことが可能です。


イモトWi-FiとグローバルWi-Fi!どっちがオススメなの?


ここまで、イモトのwifiとグローバルwifiを様々な観点から比較してきましたが、どちらの海外Wi-Fiを選ぶかはその人の利用シーンに合わせて選ぶようにしましょう。


例えば、1日あたりで利用できる通信量で選ぶ場合は、イモトのwifiは133MB/日に対しグローバルwifiは250MB/日なので、グローバルwifiがオススメです。

一方、韓国で利用する場合では、イモトのwifiは4Gで680円/日なのに対し、グローバルwifiは4Gで970円/日、中国で利用する場合では、3Gならイモトのwifiは680円/日なのに対し、グローバルwifiは970円/日となっており、比較的日本から近いアジア圏での利用では、イモトwifiの方がオススメだとも言えます。


●イモトのwifiがオススメな人

イモトのwifiは、USBタイプもあることから、パソコンだけでインターネットをする人にオススメです。

また、1日に利用可能な通信量が少ないので、テキスト中心のサイト閲覧やメール・SNSをメインに利用する人にオススメと言えます。


●グローバルwifiがオススメな人

グローバルwifiは、1日あたりで利用できるデータ量が250MBと多いので、画像を送信したりアップロードする人などにオススメです。

また、ヨーロッパ周遊やアジア周遊プランなどがあり、特にアジア周遊プランは1日970円~1,480円で利用できるので、グローバルwifiはアジア周遊旅行を計画している人にもオススメと言えます。


この様に、どちらの海外Wi-Fiもそれぞれ魅力があるので、どちらを選択するかを決める前に自分が何処で利用し、またどのように利用したいかを明確にしましょう。

そうすることで、どちらのモバイルWi-Fiルーターを選べば良いかが把握できると思います。


おすすめな人とは
イモトwifi 1日の通信量が少ないので、あまりインターネットを使わない人におすすめ
グローバルwi-fi 1日の通信量が多いので、インターネットをよく使う人におすすめ







まとめ

イモトwi-fiとグローバルwi-fiは、通信速度・データ容量・接続方法など類似している点が多いですが、料金や利用可能な国・1日あたりの通信量などに多少の違いがあります。

そのため、どちらを選ぶかは自分がどのように利用したいかを明確にしてから選択するのが良いいと思います。

The following two tabs change content below.
トオル

トオル

元大手通信会社に10年勤務していたトオルと申します。 自分自身、インターネットの難しさに触れ、自分なりに勉強しながら解決する、という経験を繰り返してきました。 インターネット回線やモバイルルーター、SIMなどの知識には自信があります。 「インターネットに関しての難しい」を少しでも簡単に、親切にお届けできれば、と考えています。 趣味:PC、スマホなどのガジェット、マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒:ビール 好きな女性のタイプ:深田恭子 休日の過ごし方: 上記趣味とネットサーフィン