WiMAXの人気機種Speed Wi-Fi NEXT W04を徹底解析!

利用者の評判や価格、通信速度や使い方までまとめて全部紹介しちゃいます。


モバイルポケットWi-Fiルーターを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※関連記事

wimaxの人気格安プロバイダ9社を徹底比較!選び方のポイント

2018年2月wimax2 のキャンペーンを比較!人気のプロバイダ4選

WiMAXと光回線を徹底比較!通信速度・価格・メリット・デメリット

Speed Wi-Fi NEXT WX04の性能!価格・通信速度・メリットデメリット


Speed Wi-Fi NEXT W04の評判が良い4つの特徴


Speed Wi-Fi NEXT W04の評判は非常に高いです。

さまざまな高性能な能力があり、便利な機能を持っている所が魅力のポケットWi-Fiルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT W04の評判の良い機能とはなんでしょうか。

一つずつ紹介して行きたいと思います。


デザイン


まずSpeed Wi-Fi NEXT W04の良い評判の1つはスリムなデザインです。

サイズ130mm×53mm×14.2mmと非常にコンパクトな設計になっていて、持ち運びに優れます。


細身で薄い設計ですので、カバンに入れてもかさばらず、カバンを持たない男性でもポケットにも入れて持ち運びやすいデザインになっています。

スリムなデザインですと画面が見づらく、操作もしにくいのではないかと思われがちですが、Speed Wi-Fi NEXT W04はタッチパネルを採用しているので、大画面で操作性も非常に優れています。


通信速度


次にSpeed Wi-Fi NEXT W04の評判の良い点は高性能な通信速度です。

下り最大440Mbpsの高速通信速度を誇ります。

たくさんのモバイルWi-Fiルーターがありますが、比較しても非常に高い能力です。


そして2.4GHzと5GHzのWi-Fiに対応しています。

5GHzのWi-Fiは2.4GhzのWi-Fiに比べ、電波干渉が起きづらく、より安定した通信が可能です。


しかし5GHzのWi-Fiは電波法によって屋外利用が禁止されています。

また壁や天井の障害に弱く、離れた部屋や違う階で利用場合は、電波が届きづらいデメリットがあります。


Speed Wi-Fi NEXT W04はWi-Fiを選択できるので、外出先などでは2.4GHzのWi-Fiを使い、Speed Wi-Fi NEXT W04を近くに追いて利用できる家では、5GHzを使えるので、とても評判が良いです。


Bluetooth接続


そしてSpeed Wi-Fi NEXT W04はBluetooth接続も可能です。

Bluetooth接続はWi-Fi接続より通信速度は低下しますが、バッテリーの持ちが非常に良いです。


Bluetooth接続を利用するとスマートフォンなどの端末側と、Speed Wi-Fi NEXT W04側、両方のバッテリーの持ちが非常に良いので、外出先でよく使いバッテリー残留が気になる方にも非常に評判が良いです。


通信エリア


またSpeed Wi-Fi NEXT W04WiMAX2+、au 4G LTEに対応しています。

基本的にはWiMAX2+の回線を使うことになりますが、山間部や地方などでは電波が入りづらいことがあります。

その時に通信エリアの広いau 4G LTE回線を使えるので、幅広く通信エリアを確保している所も評判の良い理由です。


これらが利用者から好評いただいている、Speed Wi-Fi NEXT W04の特に評判の良い部分です。


Speed Wi-Fi NEXT W04の価格


Speed Wi-Fi NEXT W04の価格についてですが、UQ WiMAXのオンラインショップで税抜き2,800円の価格で販売されています。

クレードルセットは税抜き5,100円の価格で販売されています。

UQ WiMAXではほとんどの端末が2,800円の価格で購入できます。


また別売りでType-C対応の共通ACアダプタが税抜き2,750円、MicroB-TypeC変換アダプタが税抜き800円の価格で販売されています。

UQ WiMAXでは2,800円ですが、他の多くのWiMAXのプロバイダでSpeed Wi-Fi NEXT W04は端末価格0円で提供されています。

もちろんそこのプロバイダと契約して継続利用することが前提ですが、プロバイダーを上手に選ぶとSpeed Wi-Fi NEXT W04を0円で入手して利用することが可能です。


Speed Wi-Fi NEXT W04の毎月の料金価格はUQ WiMAXで、月間データ量無制限のUQ Flatツープラスギガ放題プランで4,380円。

月間データ量7GBまでのUQ Flatツープラスプランで3,696円です。

現在はキャンペーン中で、UQ Flatツープラスギガ放題プランは最初の3ヶ月間は3,698円になっています。


Speed Wi-Fi NEXT W04の基本料金は他のWiMAXプロバイダでも、だいたい同じくらいの価格で提供されています。

しかしプロバイダによっては高額の割引きや高額のキャッシュバックを行っている所があり、年間のトータル費用を節約できるプロバイダの評判が良いです。


プロバイダ契約がオススメ!


WiMAXを契約する場合、特に費用が安くて評判の良い人気プロバイダが、GMOとくとくBBです。

Speed Wi-Fi NEXT W04を契約すると最大30,500円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンをしています。


毎月の料金も、月間データ量無制限のGMOとくとくBBギガ放題プランで、1〜2ヶ月目が3,609円、3〜24ヶ月目が4,263円。

月間データ量7GBまでのGMOとくとくBB WiMAX2+ライトプランで、1ヶ月目〜が3,696円の料金価格になっています。

キャッシュバックを含めると非常に安く提供されていて、年間にかかる費用が最も安いプロバイダとしても評判が良いです。


他にも安いプロバイダはあります。

BIGLOBE WiMAXでは、現在15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバックはGMOとくとくBBより少ないですが、毎月の料金価格は月間データ量無制限のFlatツープラスギガ放題プランで、1〜2ヶ月目が2,595円、3〜24ヶ月目が3,880円、25ヶ月目〜は4,380円。


月間データ量7GBまでのFlatツープラスプランで、1〜2ヶ月目2,595円、3〜24ヶ月目3,195円、25ヶ月目〜が3,695円、の料金で提供されています。

BIGLOBEもとても安くておすすめです。


※WiMAXのおすすめプロバイダーの特徴

・年間のトータル費用を安く抑えたい人は【GMOとくとくBB】がオススメ(キャッシュバック含む)

※関連記事

gmoとくとくBBwimax!違約金なしで解約する手順と注意点


・月額の使用料安く抑えたい人は So-net モバイル WiMAX 2+がオススメ(月額2480円から)

・初期費用を少なく使用したい人はビッグローブWiMAXがオススメ

・早く使いたい方、保証が気になる方はUQ モバイルがオススメ


Speed Wi-Fi NEXT W04の通信速度

次はポケットWi-Fiを使うときに気になる通信速度を見ていきましょう。


Speed Wi-Fi NEXT W04の通信速度は、下り最大708Mbpsです。

しかしこれは東京、名古屋、大阪のごく一部のエリアで、au 4G LTE回線を使ったハイスピードプラスモードを利用した場合に限ります。

この下り最大708Mbpsの通信速度の機能は、他のWiMAXモバイルルーターにはないユニークな機能になっています。


Speed Wi-Fi NEXT W04は基本的に通常はWiMAX2+回線を使うハイスピードモードを使用します。

ハイスピードモードの通信速度は下り最大440Mbpsの通信速度です。


ただしこれはエリアによって、440Mbpsに対応していない地域もあります。

ですので利用前に、WiMAX2+のサービスエリアマップをチェックしておくことをおすすめします。


ベストエフォートとは


他のインターネットと同じように、WiMAXもベストエフォート方式のインターネットサービスです。

ベストエフォートとは最大限努力しますという意味です。


つまりどういうことかというと、ベストエフォート方式のインターネットは最大限の努力はしますが、通信速度が遅くなっていしまうことがあります、という意味です。

つまり最大通信速度はほとんど出ません。

光回線なども同じくベストエフォート方式ですので、最大通信速度は同じように出ないです。


実効通信速度が重要


重要なのは実際に利用した時の実効通信速度なのですが、Speed Wi-Fi NEXT W04含めモバイルWi-Fiルーターは電波の受信状況が通信速度に影響します。

WiMAX2+は電波のモバイル回線を使用するので、電波の受信状況が悪いと通信速度も遅くなっていしまいます。

スマートフォンと同じような感じですね。


ですので一概に「実効通信速度はいくつだ」とは言いにくいのですが、しっかりアンテナのたった所で通信を行えば、高画質動画の視聴や、オンラインゲームなども利用できる、十分な通信速度の利用が可能です。


またSpeed Wi-Fi NEXT W04はパフォーマンス設定でも通信速度が変わります。

Speed Wi-Fi NEXT W04には通常のノーマルモードと、バッテリーを節約するバッテリーセーブモードと、高速通信を目的としたハイパフォーマンスモードがあります。


自宅などで電源接続して使用できる状況なら、ハイパフォーマンスモードを使用しましょう。

ハイパフォーマンスモードはバッテリーの消費は激しいですが、高速通信が可能なので、固定回線の代わりとしてSpeed Wi-Fi NEXT W04を利用している方もいます。

工事費用もかからないのでお得な使い方です。


Speed Wi-Fi NEXT W04の使い方


Speed Wi-Fi NEXT W04の使い方についてですが、Speed Wi-Fi NEXT W04は基本的に本体のタッチパネルを操作して使用します。


まずWi-Fiの接続の使い方ですが、まずはSpeed Wi-Fi NEXT W04側を操作して、Wi-FiのSSID情報を確認しましょう。

「設定」から「情報」に行き「SSID情報」を確認することができます。


そこでSSIDとパスワードを確認し、スマートフォンなどの端末側でWi-Fi接続画面に行きます。

そこに表示されるWi-Fiを確認、Speed Wi-Fi NEXT W04のSSIDが書かれているWi-Fiを選択します。


するとパスワード入力になります。

さきほど確認したパスワードを入力すれば接続完了です。とっても簡単です。


次は通信モードの選択の使い方です。

Speed Wi-Fi NEXT W04はWiMAX2+回線を使用するハイスピードモードと、4G LTE回線を使用するハイスピードプラスモードが選択できます。

使い方は「設定」から「通信モード設定」で選択画面に行けます。


次はバッテリーの節約に需要なパフォーマンス設定の切り替えの使い方です。

Speed Wi-Fi NEXT W04には通信速度は速いが、バッテリーの消耗が激しいハイパフォーマンスモードと、通信速度は遅いが、バッテリーを節約できるバッテリーセーブモード、その中間で平均的なノーマルモードが選択可能です。

使い方は「設定」から「システム設定」へ行き「パフォーマンス設定」へ行けば選択画面が現れます。


またバッテリーは画面の表示設定を変更して節約をする使い方もできます。

画面の明るさの変更です。


画面の明かりを暗くすればバッテリーの節約になります。

昼間に外へ行くと画面が見づらい場合は画面を明るくすることもできます。


使い方は「設定」から「システム設定」へ行き「ディスプレイ設定」へ行けば選択画面に行けます。


さらにバッテリーを節約するのに、自動的に電源が切れるオフタイマーを設定する使い方もあります。

このオフタイマーを起動させておけば、設定した時間にWi-Fi通信が行われていないと自動的に電源が切れます。

使い方は「設定」から「システム設定」の「オフタイマー」へ行けば設定画面に行けます。


次はデータ使用量の表示設定についてです。

WiMAX2+の3日間で10GBのデータ制限などで、データ使用量は気になるところだと思います。


Speed Wi-Fi NEXT W04はホーム画面のしたにデータ使用量が表示されるのですが、その表示を切り替えて見やすくできます。

「設定」から「ステータス」へ行き「通信量カウンター」で設定変更画面に行けます。

Speed Wi-Fi NEXT W04には便利な使い方がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください


Speed Wi-Fi NEXT W04のオプション


Speed Wi-Fi NEXT W04のオプションにはTypeC共通ACアダプタ、MicroB-TypeC変換アダプタ、クレードルがあります。

TypeC共通ACアダプタはSpeed Wi-Fi NEXT W04に直接挿入して充電することができます。


Quick ChargeTM3.0対応のため、急速充電が可能なので便利なオプションです。

価格は税抜き2,750円です。

申し込み時にオプションで申し込む事が可能です。


またUQコミュニケーションズのアクセサリショップから購入も可能です。

MicroB-TypeC変換アダプタは既存の共通ACアダプタ(共通ACアダプタ03、05等)と併用で、W04の充電が可能になるオプションアクセサリです。


価格は税抜き800円で申込時に申し込むことができます。

またUQコミュニケーションズのアクセサリショップから購入も可能です。


クレードルとは充電台の事でSpeed Wi-Fi NEXT W04を置くだけで、充電ができるようになるアクセサリです。

毎回マイクロUSBの穴を探して、挿入するって結構面倒ですよね。


しかしクレードルがあれば、Speed Wi-Fi NEXT W04をクレードルの上に置くだけで充電できるのでだいぶ手間が省けます。

また持っていく時も、簡単にスッとポケットWi-Fiを持っていけるので手間が省けます。


クレードルの良さは充電時の手間が楽になるだけではありません。

最大の魅力は有線LANケーブルで接続できる点です。


Speed Wi-Fi NEXT W04のクレードルにはLANポートが付いているので、有線LAN接続ができます。

「Wi-Fi接続あるからいらないだろ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、有線LANケーブル接続には非常に大きなメリットがあるんです。


それはWi-Fi接続よりも通信が高速で、安定した通信が可能なんです。

Wi-Fi接続ですとやはり多かれ少なかれ電波干渉などが起き、通信が不安定になりがちです。


しかし有線LANケーブル接続ではそういったことがないので、より高速で、安定した通信が可能です。

ですので普段持ち運ばないデスクトップパソコンや、PS4などのゲーム機はクレードルとLANケーブルで接続しておく方が通信の質は向上します。

特にオンラインゲームをする場合は有線LANケーブルは必需品と言われているので、オンラインゲームをする場合は使用をおすすめします。


クレードルも申し込み時に申し込みが可能で、Speed Wi-Fi NEXT W04とセットで税抜き5,100円で購入できます。

またUQコミュニケーションズのアクセサリショップからも購入が可能です。


Speed Wi-Fi NEXT W04のバッテリーの持ち


Speed Wi-Fi NEXT W04のバッテリーの持ち時間についてですが、バッテリーの持ちはモバイルWi-Fiルーターとして非常に重要だと思います。

Speed Wi-Fi NEXT W04のバッテリー容量は2750mAhで、スリムなデザインながら十分な容量ではないでしょうか。


Speed Wi-Fi NEXT W04のバッテリーの利用時間は通信モードと、パフォーマンス設定によって違います。

Speed Wi-Fi NEXT W04にはWiMAX2+回線を使用した、ハイスピードモードと、4G LTE回線も使用したハイスピードプラスモードがあり、ハイスピードプラスモードの方がバッテリーの消耗は大きいです。


そしてそれぞれにパフォーマンス設定ができ、ハイパフォーマンスモードと、バッテリーセーブモード、ノーマルモードから選択できます。

ハイパフォーマンスは速い通信ができますが、バッテリーの消耗も激しく、なるべく充電のできる環境の時に使用するほう良いと思います。


バッテリーセーブモードは通信速度を抑えて、バッテリーをセーブします。

メール等を使う時におすすめのモードです。

そしてハイパフォーマンスモードとバッテリーセーブモードの中間のノーマルモードが存在します。


具体的な可能連続通信時間はハイスピードモードでは、ハイパフォーマンスモード約390分、ノーマルモード約540分、バッテリーセーブモード約630分となります。

時間にするとハイパフォーマンスモード約6時間30分、ノーマルモード約9時間、バッテリーセーブモード約10時間30分になります。


ハイスピードプラスモードでは、ハイパフォーマンスモード約260分、ノーマルモード約390分、バッテリーセーブモード550分です。

時間にするとハイパフォーマンスモード約4時間50分、ノーマルモード約6時間30分、バッテリーセーブモード約9時間10分になります。


最大通信時間はハイスピードモードのバッテリーセーブモードで10時間30分、最短の連続通信時間はハイスピードプラスモードのハイパフォーマンスで約4時間30分ですので、連続通信時間は半分以下で、約6時間も違います。

通信モードとパフォーマンス設定は、自分のライフスタイルに合わて使用しましょう。


またBluetooth接続ではさらにバッテリーの持ちが良くなります。

通信を行っていない待ち受け状態では、休止状態で約850時間バッテリーが持ちます。


すぐにアクセスができる状態のクイックアクセスモードに設定したウェイティングは、38時間となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W04は外出先でも長時間の使用を可能にした、様々な機能があり、充電をしづらい環境の方も、高速通信が必要な方にも使いやすいポケットWi-Fiです。


Speed Wi-Fi NEXT W04の契約から初期設定までの流れ


Speed Wi-Fi NEXT W04の契約から初期設定までをご説明いたします。

契約する場合まずは申し込みます。


Speed Wi-Fi NEXT W04はインターネットか、店頭で申し込むことが可能です。

店頭で申し込む場合は家電量販店などで申し込むことができです。


ヤマダ電機やビックカメラなどでも、Speed Wi-Fi NEXT W04を扱っていて申し込むことが可能です。

店頭で申し込めば、後は担当の店員さんが契約してくれます。

端末も在庫があればその場でもらえて、その日のうちに利用することもできます。


インターネットでの申込みについては、全部自分でやらなくてはならないので、ウェブが苦手な方は少し面倒です。

しかし一般的にインターネット申し込みの方が、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているので、インターネット申し込みができる方は、インターネットから申し込むと安く契約できます。


インターネットで申し込む場合、まずは契約するプロバイダを決めましょう。

UQ WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBE、BroadWiMAXなどがあります。











各社の申込みサイト行き、申込みフォームを記入していき契約を進めます。

インターネット申し込みでは、クレジットカード払いしか受け付けていない会社も多いので、クレジットカードを持ってない方には厳しかもしれません。

また口座振替ができる会社では身分証明書のコピーを提出する必要があります。


申し込んで契約が成立したら、端末が郵送されてくるので届くのをお待ちください。

端末を手に入れたら、店頭で申し込んだ方も、インターネットで申し込んだ方もSpeed Wi-Fi NEXT W04の初期設定をします。


初期設定のやり方


まずパソコンやスマートフォンをSpeed Wi-Fi NEXT W04とWi-Fi接続します。

Wi-Fi接続のやり方はまず、Speed Wi-Fi NEXT W04を操作して、SSIDとパスワードを確認してください。

次にスマートフォンやパソコン側で、その確認したSSIDのWi-Fiに接続します。

するとパスワード入力画面になりますので、さきほど確認したパスワードを入力すれば接続完了になります。


Speed Wi-Fi NEXT W04とスマートフォンやパソコンをWi-Fi接続したら、インターネットから「Speed Wi-Fi NEXT W04設定ツール」にアクセスし、そこでユーザー名「admin」と入力して、パスワードをご利用のSpeed Wi-Fi NEXT W04の背面に書かれている、IMEIの下5桁の数字を入力してログインしてください。


そこでWi-FiのSSIDやパスワードなどを変更するなどの初期設定ができるので、表示される内容通りに進めていきましょう。

これで初期設定は完了になります。


Speed Wi-Fi NEXT W04のサポート


Speed Wi-Fi NEXT W04はいくつかサポートを受けられます。

端末保証やセキュリティサポートです。


例えばUQ WiMAXのサポートでは、端末保証サービスと、端末あんしん保証、インターネットセキュリティサポートのWEBROOTがあります。


端末保証サービスは月額380円で加入できて、Speed Wi-Fi NEXT W04が故障、紛失、盗難などに合った時に、同じ機種、同じ色の製品と交換して貰えるサービスです。

保証されるのは本体機器のみで、クレードルやアダプタは対象外です。


端末保証サービスに加入するには、契約時に同時に申し込まなければなりません。

途中からから加入することはできなくなっています。


端末保証サービスは一年に2回まで交換が可能で、利用開始1年目なら無料交換、2年目からは1回目は3300円、2回目は5300円が請求されます。


【利用方法!】

端末が壊れたら申込みます。


すると新しい端末が送られてくるので、届いたら古い端末を郵送して返却します。

返却しなければ20,000円が請求されます。


端末あんしん保証は月額500円のサービスで、Speed Wi-Fi NEXT W04などのWiMAXと、タブレットとノートPCが保証されるサービスです。

機器が壊れた時最大50,000円のお見舞い金を貰えます。


加入方法は契約時に同時に申し込まなければなりません。

途中から加入することはできないので注意してください。


内容は機器が故障して修理に出して、その見積書をUQ WiMAXに提出して、その分のお見舞金を支払ってもらえます。

WiMAX端末の自然故障の場合は、最大30,000円が保証されます。


水濡れ物損の場合1年目は20,000円、2年目は30,000円までとなっています。

パソコン、タブレットだと最大50,000円までです。


Speed Wi-Fi NEXT W04は1年目はメーカー保証期間内ですので、自然故障は無償修理ができます。

しかし、壊れやすくなる2年目と過失による故障は保証されません。

保証無しでの修理だと約19,000円ほどの料金が発生しますので心強いサポートです。


Speed Wi-Fi NEXT W04のサポートは端末保証だけではありません。

セキュリティサポートもあります。


Speed Wi-Fi NEXT W04で受けられるWEBROOTは月額500円で加入できます。

インターネットをやっているとウイルスなどからのセキュリティ対策は心配だと思います。


WEBROOTはウイルス対策やスパイウェア対策、パスワード管理、SMS電話ブロック機能などの多彩なセキュリティ機能を持つサポートです。

こちらも心強いサポートです。


Speed Wi-Fi NEXT W04の解約方法


Speed Wi-Fi NEXT W04の解約方法はご契約のプロバイダごとに違います。

ですが大体はサポートセンターに電話して解約になります。


UQ WiMAXでは郵送での解約も可能です。

UQホームページ内の資料請求ページにある、UQ通信サービス解約届け個人をダウンロードして記入、UQコミュニケーションズ登録センターに郵送することで解約が可能です。


Speed Wi-Fi NEXT W04は契約する時に2年か3年か契約期間が定められています。

その契約期間を満了していないと違約金として契約解除料が発生します。


2年契約ですと24ヶ月間、3年契約ですと36ヶ月間利用で契約期間が満了します。

その契約満了した月が契約更新月になり、違約金なしでの解約が可能です。


気をつけなければいけないのは、契約更新月に解約手続きを済ませなければ自動更新され、また新たに2年か3年の契約になります。

契約期間途中の解約の違約金は結構高額です。


違約金の金額


UQ WiMAXでは、2年契約の場合13ヶ月目までは19,000円、14ヶ月目〜25ヶ月目までは14,000円、契約更改した3年目からは9,500円の違約金が発生します。

3年契約では13ヶ月目までは19,000円、14ヶ月目〜25ヶ月目までは14,000円、それ以降は9,500円の違約金が発生します。


それとは別に初期契約解除というのもあります。

これは利用開始から8日間以内なら違約金なしでの解約が可能な制度です。


初期契約解除制度とは、インターネットサービス契約に対して法律を認められた制度です。

初期契約解除制度では利用者の都合で、理由にかかわらず解約することができます。


初期契約解除のやり方は利用しているプロバイダによって違いますが、電話での申請になるところがほとんどだと思いますので、契約を解除する場合は早めに連絡しましょう。


違約金のかからないプロバイダ


★BroadWiMAX★では違約金がかからずに解約ができるサービスがあります。

ご満足保証というのがあり、BroadWiMAXで満足できる利用ができなかった場合、BroadWiMAXが認めるインターネットサービス乗り換える場合は、契約期間の途中でも、初期契約解除の期間外でも解約に違約金がかかりません。


BroadWiMAXが認めるインターネットサービスとはBroad光With NTT東日本、Broad光With NTT西日本、Yahoo BB Broadband、Broad LTEです。

なかなか他にはないユニークなサービスですね。

こちらも参考にしてみてください。


通信スピードで選ぶならSpeed Wi-Fi NEXT W04


Speed Wi-Fi NEXT W04は通信スピードが速く、通信スピードを重要視して選ぶならおすすめのポケットWi-Fiです。

東京、名古屋、大阪に済んでいる方なら、通信速度下り最大708Mbpsの通信が可能です。これは光回線にも匹敵する通信速度です。


その他の地域にすんでいる方やWiMAX2+回線を使用する方も、Speed Wi-Fi NEXT W04は通信速度下り最大440Mbpsと十分すぎる高速通信です。

通信速度は動画視聴で、Youtubeの標準画質再生で最低1Mbps、HD画質再生で最低2Mbpsの通信速度があれば十分と言われています。

Speed Wi-Fi NEXT W04ならストレスなく利用できます。


地方や山間部に弱いと言われるWiMAX2+回線ですが、サービスエリアは順次広がっていっています。

またもし繋がらないエリアに行ってもau 4G LTE回線を使用できる、抜け目のないサービスを提供しています。

au 4G LTE回線も4G LTEですのでかなりの高速通信が可能です。


Speed Wi-Fi NEXT W04魅力はそれだけではありません。

スリムなデザインなのに、十分なバッテリー性能と、バッテリー節約性能、外出先でもこの機能を駆使すればバッテリーを持たせつつ、高速通信が可能です。


そして別売りのクレードルを購入して、自宅にセットしておけば、家に帰ればスッと置くだけで充電されます。

クレードルに有線LANケーブル接続していた、デスクトップパソコンやゲーム機は有線LANケーブル接続で、Wi-Fi接続よりさらなる高速通信でインターネットが利用できます。


有線LANケーブル接続をすれば、モバイルWi-Fiルーターでは辛いと言われていたオンラインゲームも、4Kなどの高画質動画もスムーズな利用ができます。

Speed Wi-Fi NEXT W04はこのようにかなりの高速通信が可能ですので、ひとり暮らしの方なら自宅のインターネットも外出先のインターネットも、Speed Wi-Fi NEXT W04が1つあれば十分快適にインターネットを利用する事ができます。


家では光回線、外出先では別にモバイルWi-Fiルーターを利用するより、Speed Wi-Fi NEXT W041台で住むなら相当な節約にもなります。

ポケットWi-Fiルーターをお探しの方はぜひ参考にしてください。



まとめ

人気のポケットWi-Fiルーター!WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W04の徹底解析でした。

利用者の口コミが良いのもわかる内容ですね。

WiMAXをお考えの方は、お得なプロバイダー契約を上手に利用しましょうね。

以上、(Speed Wi-Fi NEXT W04の評判!価格・通信速度・使い方まとめて紹介)でした。

The following two tabs change content below.

トオル

元NTT関連会社の社員です。 インターネット通信やWi-Fiの修理のお仕事をしていた知識を生かして、モバイルWi-Fiルーターや光回線等を比較して、お得なインターネット環境をご紹介いたします。 環境にあった早くて快適なWi-Fiの使い方などのウラ情報も知っていますので、Wi-Fiルーターのつなぎ方がわからない初心者の方にも参考になる記事を書いていきますね。 インターネットのつなぎ方がわからない方もぜひご覧ください。 趣味 マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒 ビール 好きな女性のタイプ 深田恭子 きゅうじつの過ごし方 趣味とネットサーフィン