ワイモバイルの超高速通信が可能な人気なWi-Fi、ポケットWi-Fi 603HWを詳しく調べてみました。

ポケットWi-Fiルータの選び方がわからない方も多いので、人気のポケットWi-Fi!WiMAXとの比較も紹介しておきます。

2018年4月からポケットWi-Fiを利用しようとしている方はぜひ参考にしてみてね。


※関連記事

pocket wifi 506hwの特徴と価格のまとめ!WiMAXとの比較

Pocket WiFi 601ZTの特徴!価格・使い方・最大通信量・評判・WiMAXとの比較

無制限ポケットwifiを徹底比較!価格・特徴・メリットデメリット・お得な契約方法!

2018年オススメ!モバイルWi-Fi口コミ人気ランキング&選び方のポイント

ポケットwifiの最も安い月額料金プランを比較!メリットとデメリットを契約前に確認

人気の無制限ポケットwifi4つを比較!固定回線から乗り換えた時のメリットデメリット


スポンサーリンク

Pocket WiFi 603HWのスペック

公式サイト ワイモバイル


Pocket WiFi 603HWは高速で大容量のモバイル通信を実現するために、様々な技術を導入している点が大きなポイントです。

キャリアの様々なスペックに対応できる機能や、4本のアンテナを利用して送受信の帯域を独自にコントロールできる機能、さらに大容量のバケットを一時的に蓄積し、ストレスなく転送できる機能などを搭載している、性能の優れたモバイルWi-Fiルーターです。


特に転送速度においては下り612MBと言う、これまでのモバイルWi-Fiルーターの常識を打ち破る高速性を実現しており、屋外での様々な通信に大きく貢献するスペックが魅力です。

さらに電源スイッチを入れてから約5秒で動作可能となる、高速機動性もこれまでにないもので、従来はバッテリーの保護のために電源を切っていた場合、その起動までに多くの時間がかっていた使いにくさも解消してあります。


Pocket WiFi 603HWは、Massive MIMOと言う次世代の高速通信技術を搭載しています。

これは従来のモバイル通信の方式が、1つの電波を複数の利用者で分け合いながら利用するのに対し、利用者一人ひとりに電波を割り当てることで、占有された高速の通信を実現した技術です。

この技術の採用により最大瞬間速度が5GBといった、非常に高速の通信が実現できるようになりました。


また電波を一人ひとりに割り当てることができる事から、混雑した駅の中や地下街など、これまでつながりにくいと言われていた場所でもネットにつながりやすく、高速通信ができる非常に画期的な技術です。


Pocket WiFi 603HWでは、モバイルWi-Fiルーターの中で最も早くこの技術を導入していることから、どのような場所でも高速通信ができるので、インターネットをよく利用する人にとってはとても使いやすいです。

さらに将来的に通信帯域として利用される予定である、3.5ギガヘルツ帯にも対応していて、将来的な電波の混雑にも対処できるポケットWi-Fiルーターです。


Pocket WiFi 603HWはバッテリーの消費量も非常に小さいため、長時間の連続使用も可能で、小型で持ち運びにも便利です。

ワイモバイルのポケットWi-Fiルータの種類の中では、性能の高い優れたスペックのWi-Fiです。


Pocket WiFi 603HWの評判はどう?


Pocket WiFi 603HWの評判はそのスペックが高いため非常に良く、特にアドバンストモードと言われる高速通信においては、実際に265MBの実行速度を確認できるので、通信速度の評判も良いです。

提供しているワイモバイルのサービスは、これまで通信速度が遅いと言う評判や口コミもあったのですが、Pocket WiFi 603HWの利用者については悪い評価はほとんどなく、様々な環境においても、非常に高速で通信ができると言う点が高い評価を得ています。


モバイルルーターの評判は単にモバイルルーターの性能だけではなく、これを利用する通信回線の性能によっても大きく変わってくるものです。

同じモバイルルーターを利用していた場合でも、通信回線の状態によっては通信速度が低下してしまう事があります。

さらに接続性についても大きな影響受けてしまうので、同じポケットWi-Fiルーターでも評価がそれぞれ異なってしまうこともあります。


その中でもPocket WiFi 603HWは、非常に高い評価を受けているので、総合的なサービスとしての機能が非常に高いです。


最近ではワイモバイルの通信サービスも非常に充実しており、通信制限などのリスクも低くなっていることから、非常にスムーズに利用できるモバイルルーターとして、多くの利用者の支持を得ていて、評判も他社と比較して良い傾向にあります。

ワイモバイルのポケットWi-Fiルーターは、スペックと通信回線、価格のバランスが取れているので、利用者の評判や口コミなどもあまり悪い事は書かれていませんでした。


Pocket WiFi 603HWの料金


Pocket WiFi 603HWの価格は、現在ワイモバイルのポケットWi-Fiルーターとして提供されていて、初年度は3,696円で利用できます。

現在はwi-Fi 単体での販売はされておらず、ワイモバイルでのサービス提供となっているため、この金額が月額の価格となります。


さらにワイモバイルの場合、1年度以降は4,300円と価格が若干高くなりますが、これは初年度は割引が含まれている為です。


Pocket WiFi 603HWの設定方法


Pocket WiFi 603HWの設定は非常に簡単です。

基本的にネットワークと通信するための必要な設定は、すでに出荷時に設定されているので、後は実際にパソコンを接続し、IPアドレスやデフォルトゲートウェイ設定を確認し、必要に応じて書き換えるだけで使用することができます。

その他の設定は画面のタッチパネルを使って設定できますので、初めての方でも簡単に使うことができますよ。


Pocket WiFi 603HWの解約時の注意点


Pocket WiFi 603HWを解約する場合は、違約金がかかる場合がありますので注意しましょう。


ワイモバイルの場合、モバイルWi-Fiの契約は3年が基本となっています。

この3年間の契約期間が満了する前に解約を行う場合は、違約金が発生してしまいます。


また3年の契約期間満了のときには2カ月間の契約変更月があり、この期間内に解約を行った場合には違約金は発生しません。

しかしこれを過ぎると自動的にまた、3年間の契約が始まってしまいます。

契約の途中で解約を行うと違約金が発生してしまうので注意が必要です。


解約する時は、基本的にPocket WiFi 603HWを返却しなくてはいけません。


一般的にスマートフォンなどの場合には、月額料金の中に機器代金の分割払いが含まれており、途中で解約した場合には、この代金を一括で支払わなければならなくなることもあるのですが、ワイモバイルではPocket WiFi 603HWはレンタルと言う形になるため、契約が終了したら返却しなければならないことになっているのです。

解約の時は忘れずに返却しましょう。


Pocket WiFi 603HWの使い方


Pocket WiFi 603HWを正しく使うためには、設定情報をしっかりと確認して理想的な設定になっていることをチェックしてから使用しましょう。


ワイモバイルのモバイルWi-Fiは、Pocket WiFi 603HWの提供時に基本的な設定を全て完了させて出荷しているので、基本的には利用者が設定する必要はありません。

端末の追加や削除においても、自動認識して行う仕様となっているため、電源を入れて起動し、端末の認証が終わるまで待てばすぐに使用出来るようになっています。


ただしよくあるトラブルとして、端末とPocket WiFi 603HWが接続できないといったトラブルがあります。

この場合の最も大きな原因は、モバイルルーターと端末のパスワードが一致していない事です。

このためパスワードの管理や端末に対する設定は、しっかりと行っておくことが必要になります。


通常のモバイルWi-Fiの場合には、無線ネットワークのパスワードをモバイルルーター側で設定し、このパスワードをそれぞれの端末に記録させることによって、自動的に接続できるようにするのが一般的です。

ただし端末のネットワークの設定によっては、毎回ネットワークに接続するたびにパスワードを入力しなくてはいけないWi-Fiもありますので注意しましょう。


Pocket WiFi 603HWには様々な機能があり、これらが全て表面のタッチパネルで設定できるようになっているので、用途に応じてモードを使い分けることができます。


特に屋内や駅の中など人が非常に多い混雑したスポットで利用する場合などは、モードを切り替えることでより、快適なインターネット通信ができます。

これらの表面のスイッチの機能をよく理解し、状況に応じて上手に使い分けましょう。


Pocket WiFi 603HWと人気WiMAX(W05)との違い


人気のポケットWi-Fiルーター、WiMAX(W05)との違いです。モバイルWi-Fiルーターを探している方はぜひ参考にしてみてね。


通信速度

Pocket WiFi 603HWは下り最大612Mbps上り最大13Mbps


WiMAX(W05)の最大通信速度は下りで708Mbps(LTE使用時)で、上りで最大75Mbps(LTE使用時)です。


エリア

Pocket WiFi 603HWは全国ほとんどの場所で利用できる


WiMAX(W05)のエリアは人口カバー率99%です。

デメリットとしては地下街や障害物の多い所では電波が届きにくい場合があります。


価格

Pocket WiFi 603HWの初年度は3,696円、1年度以降は4,300円


WiMAX(W05)は月額最安値のプロバイダGMOとくとくBBで、3年契約3162円(キャッシュバック含む)


データ量

Pocket WiFi 603HWは、7GBまで

WiMAX(W05)は、7GBプランと無制限プラン


オススメの人


Pocket WiFi 603HWをオススメ出来る人は、インターネットをあまり利用しなくて、メール等の利用が主な方です。

ワイモバイルのポケットWi-Fiは値段が安いので、いざと言う時に1つ持っておきたい方にもオススメです。


WiMAX(W05)がオススメの人は、毎日よくインターネットを使う人です。

YouTube動画などを見ている方にもオススメで、通信量が無制限なところが1番のポイントですね。

毎日ポケットワイファイを利用したい方には、ワイモバイルのPocket WiFi 603HWよりも、WiMAX(W05)をオススメします。



まとめ

私が個人的にオススメなポケットWi-FiはやっぱりWiMAXですね。

ギガ放題で無制限に使えるところが1番のオススメポイントです。


ほとんど外出先でインターネットを利用しない方には、値段の安いモバイルWi-Fiでいいと思いますが、毎日インターネットを使う方は不安だと思います。

ご自身のインターネットの利用頻度に合わせた、ポケットモバイルWi-Fiルーターを選びましょう。


※WiMAXのおすすめプロバイダーの特徴

・年間のトータル費用を安く抑えたい人は【GMOとくとくBB】がオススメ(キャッシュバック含む)

※関連記事

gmoとくとくBBwimax!違約金なしで解約する手順と注意点


・月額の使用料安く抑えたい人は So-net モバイル WiMAX 2+がオススメ(月額2480円から)

・初期費用を少なく使用したい人はビッグローブWiMAXがオススメ

・早く使いたい方、保証が気になる方はUQ モバイルがオススメ


※関連記事

NEXT mobile(ネクスト モバイル)の評判!WiMAXと性能を比較

WiMAXの通信速度が遅い原因と簡単にできる対処法!

wimaxの人気格安プロバイダ9社を徹底比較!選び方のポイント

高層ビルマンションの何階までWiMAXの電波が届くのか?調べてみた!

wimaxの通信制限を確認する方法と通信制限を解除する方法とは!猿でもわかるやり方

一人暮らしのインターネット回線はWiMAXが最安値!メリットデメリットのまとめ

2018年2月wimax2 のキャンペーンを比較!人気のプロバイダ4選

WiMAXと光回線を徹底比較!通信速度・価格・メリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)通信が安定しない原因と対処法!電波が弱いの?

Speed Wi-Fi NEXT W04の評判!価格・通信速度・使い方まとめて紹介

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
トオル

トオル

元大手通信会社に10年勤務していたトオルと申します。 自分自身、インターネットの難しさに触れ、自分なりに勉強しながら解決する、という経験を繰り返してきました。 インターネット回線やモバイルルーター、SIMなどの知識には自信があります。 「インターネットに関しての難しい」を少しでも簡単に、親切にお届けできれば、と考えています。 趣味:PC、スマホなどのガジェット、マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒:ビール 好きな女性のタイプ:深田恭子 休日の過ごし方: 上記趣味とネットサーフィン