auのモバイルWi-Fiルーターは、パソコンなどの大きな端末にも利用できる画期的なインターネット通信サービスです。

しかも無線回線として持ち運べるメリットがあるため、携帯電話やスマホにも利用できます。


持ち運べるWi-Fiルーターなので場所を問わずに使えて、大変注目を集めるサービスに成長しています。

今回は人気のモバイルWi-Fiルーターのご紹介と、auのモバイルWi-Fiルーターならではのお得な契約方法もお教えします。


月額料金を安くしてモバイルWi-Fiルーターを利用したい方はぜひご覧ください。


※関連記事

無制限ポケットwifiを徹底比較!価格・特徴・メリットデメリット・お得な契約方法!

2018年オススメ!モバイルWi-Fi口コミ人気ランキング&選び方のポイント

ポケットwifiの最も安い月額料金プランを比較!メリットとデメリットを契約前に確認

人気の無制限ポケットwifi4つを比較!固定回線から乗り換えた時のメリットデメリット


スポンサーリンク

auのモバイルWi-Fiルーターの特徴


WiMAXとは

auのモバイルWi-Fiルーターの特徴は、WiMAXという他の通信事業者が提供しないサービスを提供している点にあります。

本来、モバイルWi-Fiルーターの技術は携帯電話やスマホにも利用されている技術であるため、その技術を別々に分けて提供する必要性はありませんよね。


固定回線と無線回線を分けて使うのならば意味はありますが、同じ無線の回線を分けて使う必要はないからです。

一方で、auのモバイルには固定回線用の電波と無線回線用の電波をはっきりと分けて、状況に応じて様々な使い方ができるように工夫をしているのです。


例えば、携帯電話やスマホを提供しているのはキャリアであるauそのものなのですが、モバイルWi-Fiルーターを提供してWiMAXというサービスを提供しているのは、auの子会社であるUQコミュニケーションズという通信事業者なのです。

ですから、auの関連会社に違いはありませんが、固定回線にも利用できるWiMAXのサービスは、別々の会社が提供している異なるサービスであることがわかります。


そのため、auが提供しているモバイルWi-Fiルーターの場合は、まず携帯電話やスマホ用に提供しているau自身のサービスなのか、それとも関連会社(UQコミュニケーションズ)が提供しているサービスなのかを把握しなくてはいけません。

実際に、提供されている端末そのものから違います。


プランは2種類

モバイルWi-Fiルーターは、その名前の通り小さな端末で持ち運びができるものであるため、外出先でも利用することが可能です。

しかし、使い方を変えると実は自宅でも利用することができる無線回線なのです。


これは、大きな端末であるパソコンなどにも利用できるというメリットがあります。

一般的に、モバイルWi-Fiルーターを利用する場合には固定回線のような無制限のプランと、有限のプランの二つが提供されています。


WiMAXの場合には無制限プランでも可能ですし、緊急時のインターネット回線として利用する場合には有限にできるという特徴もあるのです。

有限プランの場合には、月7GBを上限としてパソコンでも利用できます。


auのモバイルWi-Fiルーターの価格


auのモバイルWi-Fiルーターの価格は非常に安いです。

WiMAXとして利用する場合、7GBのプランは固定回線の価格よりも安くなります。


無制限のプランを使うと高くなってしまう印象もありますが、WiMAXはそのようなこともありません。

そもそも、固定回線と無線回線のサービスプランには根本的に大きな違いがあるからです。


固定回線との比較


固定回線は、デフォルトで無制限のプランを選択することができる一方で、設定されている料金が高いというデメリットがあります。

確かに、テレビCMなどでは1ヵ月当たりの固定回線のプランで、2000円や3000円程度のものを見かけますよね。


しかし、あのような安い料金でサービスを提供できるのは、キャンペーンを利用しているからです。

固定回線では、契約年数を継続させるために契約初期にキャンペーンを利用して、料金を少なく見せる方法が主流になっているのです。


ですから、だいたい2年程度の期間を過ぎるとキャンペーンが終わって、一気に料金が跳ね上がる場合が多いです。

反対に、無線回線の無制限のプランは固定回線以上の価格になることはほとんどありません。


そもそも、無線回線の場合はプランをユーザーが決めますので、無制限のプランが必要ないのならば、さらに安い有限プランを選択することが可能です。

auのモバイルだけのメリットではなく、これは無線回線全般に共通しているメリットです。


また、モバイルルーターを利用すると固定回線のように開通工事を行う必要がありませんので、工事費用が不要になります。

そのため、初期費用の時点で必ずモバイルWi-Fiルーターの方が安くなるのです。


引っ越し時のメリット


また、引っ越しなどによる解約料金や手続きの費用も必要になりません。

何故かというと、引っ越しの時はモバイルルーターを持ち運ぶだけでいいからです。


固定回線を利用すると、一度開通した場所から移動すると、インターネット回線を持ってくることができません。

固定回線でインターネットを利用する場合には、LANケーブルを直接的つなげる必要があるからです。


一方で、無線のモバイルはLANケーブルの代わりをモバイルルーターが行ってくれますので、無料で次の住所にまで回線を引き継ぐことができるのです。

ですから、仮に引っ越しをして別の場所に移動するときでも料金が必要になりません。

ですから、固定回線と比較しても価格は非常に安くてオススメです。


auのモバイルWi-Fiルーターの通信速度


次はauのモバイルWi-Fiルーターの通信速度を見ていきましょう。


auのモバイルWi-Fiルーターの通信速度は、最高速度で440Mbpsを誇っていますので非常に高速です。

パソコン用に利用できるWiMAXは、高速な無線回線を実現するために通信環境を過去に改良しています。


従来までは、普通のWiMAXという規格でサービスが提供されていたのですが、2018年現在で利用されている回線はWiMAX2+という回線になっています。

この回線を利用すると、固定回線にも劣らない高速なネット環境を構築できるのです。


一方で、携帯電話やスマホにも利用されているauのモバイル回線は、これほど高速ではありません。

携帯電話でも使えるモバイル回線は、あくまでもWiMAXの補助的なサービスとして利用します。


この回線は、WiMAXが通信制限や電波の不調にあってしまった場合に利用できる便利な回線です。

無線回線は、他のユーザーが利用することも考慮して、一定容量を短い期間で使いすぎると通信速度に遅延が生じるという制限を設けています。


これは、無制限のプランを利用していても適用されます。

通信速度に制限があると、インターネット回線が著しく重くなってしまうため、そのままの状況では高速でのインターネットの利用が難しくなります。


そのような時に、別に用意されているauのモバイルWi-Fiルーターの電波と回線を利用するわけです。


WiMAX!通信の際のデメリット


実はWiMAXの電波は高層マンションなどに利用すると、なかなか電波が壁を通らないというデメリットがあります。

通信環境によって通信速度が変わってしまう性質があるため、全ての場所で同じ通信速度を確保できるわけではありません。


実際には、屋内でWiMAXの設置位置をわずか数㎝変えるだけで、電波の受け取り方が変わってしまうくらいです。

そのため、WiMAXが使えなくなってしまう万が一の時の場合に、携帯電話やスマホで利用できるauのモバイル回線が提供されています。


これら二つの電波は、上記で述べたように別々のサービスとして提供されているため、通信速度だけではなく使われている電波そのものが違います。

WiMAXの大容量の電波では通さない壁の中の通信環境であっても、小さな容量の電波ならば通す性質を持っているわけです。


ですからWiMAXの電波の調子が悪くてもご安心ください。

auのモバイルWi-Fiルーターにはサポート出来る回線がありますので、インターネットにつながらなくなるという事はほとんどありません。


auのモバイルWi-Fiルーターのデータ容量


次はデータ容量を見ていきましょう。

auのモバイルWi-Fiルーターのデータ容量は、プランによって無制限で利用することも可能です。

プランは通常の7GBと、ギガ放題の無制限プランが用意されています。


しかし、使い方には注意をしないと速度制限を受けてしまう危険性もあるので注意が必要です。


auのモバイルWi-Fiルーターの通信制限について

固定回線の場合は、工事を行ってそれぞれの住宅にその住居だけのインターネット回線を用意します。

そのため、時間や期間を気にせずに好きにデータ容量を使うことができるメリットがあります。


一方で、モバイルルーター回線は、無線の基地局を利用して多くのユーザーが利用している設備環境にあります。

このような状況で、ユーザーが好きにデータ容量を使ってしまうこと、回線が込み合ってしまってしまう事が考えられます。


そこで、短期間に多くのデータ容量を使うユーザーに対しては、一定時間において速度制限を設けて回線の混雑を避ける処置がされているのです。

無制限のデータ容量のギガ放題プランの場合には、3日間で10GBのデータ容量の制限が存在します。


この制限は、利用時に必ず知っておかなくてはいけません。


そして7GBのプランであった場合には、7GBを超えた段階で速度制限が始まります。

これは、モバイルWi-Fiルーターを用いた無線回線全般の特徴です。


ただ、auのモバイルWi-Fiルーターの場合は、WiMAXと携帯電話に利用できる電波を分けて提供していますので、片方がデータ容量の関係で制限を受けても、もう片方の回線でインターネット通信ができます。

例えば、WiMAXで3日間10GBの制限を受けた場合でも、電波を切り替えて携帯電話の電波を利用すれば、高速な通信回線でインターネットを利用できるわけです。


これは、auのモバイルWi-Fiルーターだけの大きなメリットです。


auのモバイルWi-Fiルーターのデータ容量は、7GBプランとギガ放題の無制限プランがあります。

ただ、固定回線と通信環境が違うので実際に利用する際には、1日あたりで利用するデータ容量がいくつなのかをきちんと把握しておくことが大切です。


WiMAXを使っている場合は、それまで利用したデータ容量をリアルタイムで確認できます。

これは、自分のマイページなどから簡単に見ることが可能です。

auの便利なサービスを利用して現状を理解してからプランを選ぶと、失敗することが少ないですよ。


auのモバイルWi-Fiルーターの特典


auのモバイルWi-Fiルーターの特典は、キャンペーンやプロバイダ(販売店)の選択で大きく異なります。

ですから、まずはどういった方法でauのモバイルWi-Fiルーターを契約するのかを考えなくてはいけません。


実は、auのモバイルWi-Fiルーターを提供しているWiMAXのプロバイダ(販売店)は1社や2社だけではなく、数十社あります。

つまり、それぞれのプロバイダ(販売店)によって、auのモバイルWi-Fiルーターを契約したときの特典が全く異なるわけです。


例えば、最も多いプロバイダの特典の一つに、キャッシュバックキャンペーンがあります。

キャッシュバックキャンペーンとは、契約をしたときに金銭を返還してもらえるキャンペーンのことです。


固定回線のような大きな月額料金は必要になりませんが、WiMAXの場合もある程度は費用が必要になりますので、お金を返してもらえるのは大きな特典になりますよね。

しかし、このキャッシュバックキャンペーンもプロバイダによって実行される時期が全く異なるのです。


例えば、契約を行った瞬間に現金でお金を渡してもらうのか、契約をして実際にサービスを利用し続けて、しばらくしてから口座に振り込まれるのかなど、提供するプロバイダによって特典の与え方が全然違います。

こうした特典の違いを考える際には、総額費用を考慮して一カ月の月額料金を計算する必要があります。


キャンペーンがあるとはいっても、総額費用を見て他のプロバイダと比較して損になるような場合には、そのプロバイダの特典はあまり意味がないです。

プロバイダは異なっても、WiMAXの通信電波が同じであるため性能は同ですし、回線速度も当然同じです。


特典を見ると同じようなプランであっても、2年から3年間のプランの比較で、数万円以上の損得が生じることもあり得ます。

そのため、数十あるプロバイダの中から、最も良い特典を選択することが安く契約するためには非常に重要になるのです。


また、もう一つ大きな特典として月額料金の大幅な割引があります。

これも、選択するプロバイダによって全く違います。


キャッシュバックは確かに魅力的ですが、月額料金の割引を長期的に行ってくれるプロバイダを利用すると、総額で数万円以上お得になることがあるのです。

auのモバイルWi-Fiルーターの場合は、携帯電話としてauというキャリアが提供しているサービスでもあるので、携帯電話やスマホの料金プランと一緒にすることで、月額料金を下げてくれるサービスもあります。


こうした特典を利用することで、月額費用を安く抑えることができます。

現在auの携帯電話やスマホ、タブレット等を利用している方は、お得に契約できる場合があります。


auのモバイルWi-Fiルーターのサポート


auのモバイルWi-Fiルーターのサポートは、プロバイダごとに違いますので、まずは契約をしているプロバイダをチェックすることが大切です。


auのモバイルWi-Fiルーターは、モバイルルーターを自分で設定して、通信回線スタートする必要があります。

auのモバイルWi-Fiルーターの場合は、ルーターが手元にある段階ですぐ利用することが可能です。

しかも簡単な設定なので何の問題もありません。


ただ、こうした設定に関するサポートは固定回線のように充実していないため、ユーザー自身が行う必要があるのです。

もちろん、電波障害などによってインターネット回線が利用できない時は、サポートに連絡することができます。


この場合には、auではなく契約をしているプロバイダに具体的に説明を聞かなくてはいけません。

auのモバイルWi-Fiルーターは、auが提供しているサービスなのですが、WiMAXというモバイルWi-Fiルーターを販売しているのは別のプロバイダ(販売店)なので、わからない時はプロバイダ(販売店)に電話しましょう。


また、モバイルWi-Fiルーターに関する保証などのサポートは、オプションとして提供されている場合が多いです。

すべての契約者にサポートを実施しないかわりに、それを料金面に反映させて安くサービスを提供するという工夫をしているのです。


ですから、実際に何らかのトラブルが生じた場合には、オプションでサポートのプランに入っているのかどうかが重要になります。

サポートのオプションはプロバイダのプランによって違いますので、契約の際にしっかりと確認しましょう。


インターネットを初めて使う人やモバイルWi-Fiルーターを初めて契約する方は、サポートのオプションプランを付けての契約が安心ですよ。


契約から初期設定までの流れ


auのモバイルWi-Fiルーターの契約は、基本的に店舗で行う方法とオンラインで行う方法の二つがあります。

先ほどもご紹介しましたが、auのモバイルWi-Fiルーターのサービスは1つの会社(プロバイダ)が提供しているわけではなく、複数の会社が提供しています。


ですから、まず契約をしたいプロバイダのホームページや店舗に行かなくてはいけません。

そこで、商品や料金プランを決めることになります。


モバイルWi-Fiのルーターもプロバイダに提供してもらうことになりますので、契約時に一緒に送ってもらうようにしましょう。

新規申し込みを行うと、プロバイダの新規契約のための審査が行われますので、その審査を待つことになります。


審査に通ると自宅にauのモバイルWi-Fiルーターが送られてきますので、設定を行うことですぐにインターネットを使うことができます。


初期設定のやり方


まず、WiMAXを接続するためにはICカードを差し込みます。

これは、携帯電話やスマホのSIMカードの原理とほとんど同じです。


携帯電話を利用する際には、自分が持っている端末に個人情報や識別が内蔵されているSIMカードを差し込みますよね。

これと同じで、WiMAXのルーターが送られてきた場合には専用のICカードを挿入します。


きちんと挿入した後は、無線LANでの接続設定を行います。

WiMAXでは、大きなデバイスであるパソコン用の回線と、小さなデバイスである携帯電話用の回線の、二つの接続があります。


ICカードを挿入すると、PCやスマホに、auのモバイルWi-Fiの接続を行うかどうかの無線設定の選択肢が出てきますので、これを選択します。

後は、専用のセキュリティーキーを入力すれば接続は完了です。


どうしても無線の調子が悪くて接続できない場合は、USB接続で初期設定を行うようにしましょう。

WiMAXは、無線のWi-Fiサービスなのですが緊急時を想定して、有線でもルーターに接続できるように工夫されています。


しかも無線と比較して有線の通信速度は非常に高速なので、無線で繋がらない場合には緊急時の手段としてUSB接続を行いましょう。

無線LANとUSB接続の二つの設定をしておけば、緊急時でも安心してインターネット回線を使うことができます。


auのモバイルWi-Fiの使い方


auのモバイルWi-Fiの使い方は、二つあります。

自宅で使う方法と外出先で使う方法です。


どちらを使うにしても、まずはセキュリティーキーを入力してルーターを有効にする必要があります。

セキュリティーキーとは、無線LANの親機側の設定を有効にするための暗号キーのことを意味します。


親機にコードを入力しておくと、子機から接続してインターネットを利用することができるようになりますので、全国どこでもインターネットに接続できるようになるのです。

セキュリティーキーは、契約をした人だけが利用できるように考えられた暗号です。

まずは、セキュリティーキー入力から始めましょう。


後は契約時に設定したプランに従って自由にインターネットを利用することができます。

モバイルWi-Fiの場合は、持ち運びできるのでデータ容量の範囲内であれば、外出先であっても高速なインターネット利用が可能です。


一つだけ気をつけておかなくてはいけないのは、WiMAXを利用していてデータ容量に限界が生じた時の使い方です。


通信制限の際の使い方


WiMAXでデータ容量の限界が発生した時は、別途契約をすることで7GBまでは別の電波でのインターネットの利用が可能になります。

ただし、このサービスを使うためにはモバイルWi-Fiのルーターの設定を変えなくてはいけません。


携帯電話用の電波の周波数が存在しますので、切り替えることによって初めてWiMAXから携帯電話の電波を利用できるようになります。

WiMAXのこの使い方は知っておくと便利なので、是非覚えておきましょう。


評判と口コミのまとめ


利用者の評判や口コミを見ていきましょう。

以前、使用していたルーターより安い。お客さまサポートセンターの対応がよかった

地下鉄淀屋橋駅でWiMAXが繋がるようになった。

自分は年輩でネット初心者、機械オンチなんですがサービスセンターの方が事細やか、親切丁寧に分かりやすく説明して頂けます。

UQ WiMAXはすごい。今月はデータ使用量は50Gチョットだけど固定料金。容量制限なし。Y !mobileの様に制限解除手続きもない


auのモバイルWi-Fiの評判や口コミはとても良いです。

通信制限の際のデメリットは口コミにもありますが、無制限プランを利用すれば解消できるので、あまり気にすることはないと思います。

モバイルWi-Fi選びで迷っている方は、WiMAXを選んでおけば失敗はしないと思いますよ。


機種変更のやり方


auのモバイルWi-Fiの機種変更は、自分でできて非常に簡単です。

これから使いたい機種を追加登録して、それまで使っていた機器の削除で完了です。


注意点


注意をしなくてはならないのは、機種変更と契約内容の変更は全く異なるということです。

例えば、モバイルWi-Fiには従来型のWiMAXと新型のWiMAX2+という二つのサービスがあります。

新しい機種に変更して、インターネット通信を行う際にはそのまま機種変更を行えばOKです。


しかし、WiMAXからWiMAX2+に変更するような規格の変更をする場合には、機種変更だけではなく契約の変更も行わなくてはいけません。

利用している電波の規格を変更したい場合にも、機種変更で手続きができますが、この場合には実質的に乗り換えのサービスと同じことになりますので、契約の変更が必要です。


サービス内容そのものが変わってしまう場合には、一度契約を解約してから、新たにWiMAXのプランを契約したほうが良いです。

これは、プロバイダの問題点です。


WiMAXを提供するプロバイダは多数ありますので、違うプロバイダの機種を利用したい場合には、同じauのモバイルWi-Fiであったとしても、プロバイダを変更しなくてはいけません。

この場合も乗り換えサービスの機種変更になりますが、契約内容には大きな変化が生じるので注意しましょう。


実際に、機種変更の手続きをする際には3つのパターンが考えられます。

auの関連会社で変更手続きをする方法、家電量販店で変更する方法、そしてauそのもので変更する方法です。


一見すると、全て同じような機種変更に見えますが、変更手続きを行う業者は全く違いますので、それぞれの状況にあわせて手続きをしなくてはいけません。

特に、モバイルWi-Fiの契約方法は使い方によって違います。


インターネットから申し込みをした場合には、同じようにそのプロバイダが提供するマイページから手軽に手続きを行えることもあります。

機種変更をお考えの方は、まずはご自身が契約したプロバイダーに相談してみてください。


auのモバイルWi-Fi!お得な契約方法


auのモバイルWi-Fiのお得な契約方法とは、プロバイダ(販売店)で契約する方法です。

auで直接契約すると定価での契約となり、年間の費用がプロバイダー契約と比較して高くなります。


割引や特典、キャッシュバックキャンペーンのあるプロバイダで契約した方が、実際に払う金額は安くなる仕組みなのです。


auよりプロバイダー(販売店)の方が安く契約できる仕組み


なぜプロバイダの方が安く契約できるのか気になりますよね。


その理由は、プロバイダーよりも安くauが契約をできないからです。

プロバイダー(代理店)はauの依頼によりWiMAXを販売しています。


ですからプロバイダーよりもauの方が安いプランを提供すると、プロバイダーが販売できなくなり、販売をお願いしている意味がなくなるからです。

ですからauではプロバイダーよりも安い値段で販売することができないのです。


WiMAX自体はauのもので、通信回線もauの通信回線を利用しますので、どこの販売店で契約しても性能や通信速度に違いはありません。

同じ性能で同じものを利用するのであれば、値段の安い所での契約がお得ですよね。


auのモバイルWi-Fi、WiMAXにはこのような仕組みがありますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

WiMAXの契約は値段の安いプロバイダーでおこないましょう。


※WiMAXのおすすめプロバイダーの特徴

・年間のトータル費用を安く抑えたい人は【GMOとくとくBB】がオススメ(キャッシュバック含む)

※関連記事

gmoとくとくBBwimax!違約金なしで解約する手順と注意点


・月額の使用料安く抑えたい人は So-net モバイル WiMAX 2+がオススメ(月額2480円から)

・初期費用を少なく使用したい人はビッグローブWiMAXがオススメ

・早く使いたい方、保証が気になる方はUQ モバイルがオススメ


まとめ



auのモバイルWi-Fiは、確かにキャリアであるauが提供している通信サービスです。

しかし、細かなサービスや料金プランはそれぞれの関連会社(プロバイダ)によって異なります。

そのため、本人や家族の生活環境に最も適した業者と料金プランを選択することが重要です。


※関連記事

WiMAXの通信速度が遅い原因と簡単にできる対処法!

wimaxの人気格安プロバイダ9社を徹底比較!選び方のポイント

高層ビルマンションの何階までWiMAXの電波が届くのか?調べてみた!

wimaxの通信制限を確認する方法と通信制限を解除する方法とは!猿でもわかるやり方

一人暮らしのインターネット回線はWiMAXが最安値!メリットデメリットのまとめ

2018年2月wimax2 のキャンペーンを比較!人気のプロバイダ4選

WiMAXと光回線を徹底比較!通信速度・価格・メリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)通信が安定しない原因と対処法!電波が弱いの?

Speed Wi-Fi NEXT W04の評判!価格・通信速度・使い方まとめて紹介

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
トオル

トオル

元大手通信会社に10年勤務していたトオルと申します。 自分自身、インターネットの難しさに触れ、自分なりに勉強しながら解決する、という経験を繰り返してきました。 インターネット回線やモバイルルーター、SIMなどの知識には自信があります。 「インターネットに関しての難しい」を少しでも簡単に、親切にお届けできれば、と考えています。 趣味:PC、スマホなどのガジェット、マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒:ビール 好きな女性のタイプ:深田恭子 休日の過ごし方: 上記趣味とネットサーフィン