インターネットを選ぶ時の基準の一つが「月額料金」です。長く利用し続け、毎月の利用料を支払うインターネット回線は、いかに月額料金が安いかということが重要なポイントになります。そこで、少しでもインターネットを安く利用するにはどうしたらいいのか説明したいと思います。

大手の月額料金を比較

まずは、大手通信会社が提供する光インターネットサービスの月額料金を比較してみたいと思います。比較するのは「戸建て:通信速度最大1Gbps」の契約です。

各社の月額料金

フレッツ光(東日本):月額6,180~6,600円(プロバイダ料を除くと月額5,400円)
フレッツ光(西日本):月額5,400円+プロバイダ料
ドコモ光:月額5,000円+プロバイダ料、5,200~5,400円(プロバイダ料込み)
auひかり:月額5,100円
ソフトバンク光:月額5,200円
OCN光:月額5,100円
ビッグローブ光:月額4,980円
So-net光:5,200円

料金の違いは品質に影響する?

それぞれの光回線では、月額料金に微妙な違いがあります。ここで気になるのは「値段の違い=通信品質の違い」かどうかということです。「安かろう悪かろう」という言葉がありますから、単純に月額料金の安さで選んでもいいのかという不安があるのではないかと思います。

しかし、基本的に値段の違いがそのまま通信品質の違いにはならないということは理解しておいてください。ドコモ光やソフトバンク光など、光回線の多くは「光コラボ」といって、フレッツ光と同じ回線を使っているのです。そのため、基本的に通信品質の違いはありません。

同じ通信会社で月額料金の違いがあるとすればプランの違いであり、例えば最大通信速度が遅い回線契約は月額料金が安く設定されています。上記で挙げた月額料金はすべて最大1Gbpsの契約なので、プロバイダ等による地域差はありますが最大通信速度では同じ条件です。

スポンサーリンク

月額料金だけ見てはいけない理由

月額数百円とは言え、通信会社によって月額料金に違いがあることは事実です。では、単純に数字だけ見て安いところを選べばいいのかと言えば、そうではありません。少しでもお得にインターネットを利用するためには、いろんなポイントに注目する必要があります。

携帯電話のセット割がお得

光回線を契約する際には、いわゆる「スマホのセット割」を考慮しましょう。文字通りスマホ契約とセットにすることで、月額料金が安くなる割引サービスのことです。割り引かれるのはスマホの月額料金のほうで、契約しているプランに応じて割引額が決まっています。

大手キャリアでは以下のセット割が提供されています。

ドコモ光パック:ドコモ携帯電話とドコモ光のセット契約で月額最大3,500円の割引

auスマートバリュー:au携帯電話とauひかりもしくはその他対象サービスのセット契約で月額最大2,000円の割引

ソフトバンクおうち割:SoftBank携帯電話とソフトバンク光もしくはその他対象サービスのセット契約で月額最大1,000円の割引

現代ではスマホなどの携帯電話は必須のツールと言えますから、ほとんどの人は携帯電話を利用しているでしょう。固定電話契約が必要などの条件はありますが、対象となる固定回線サービスとセットで利用するだけで月額数百円~数千円の割引が受けられるのは大きいです。

また、最近人気の「格安SIM」でも、インターネットとのセット割が提供されていることがあります。ただし、大手キャリアのセット割と比べると割引額は低く、月額数百円というところがほとんどです。主な格安SIMと光回線のセット割は以下のとおりです。

IIJmio:IIJmioひかりとセットで月額600円割引

OCNモバイルONE:OCN光とセットで月額200円割引

DMM mobile:DMM光とのセットで月額500円割引

ビッグローブモバイル:ビッグローブ光とのセットで月額300円割引

NifMo:@nifty光とのセットで月額200円の割引

キャッシュバックキャンペーンで数万円もらえるかも?

次に考慮すべきなのは「キャッシュバックキャンペーン」の存在です。光回線は、特定の申込み窓口で光回線と指定のオプションサービスを契約することで、数万円クラスのキャッシュバックを受け取ることができるのです。

例えば3年間インターネットを使うことを前提として考えてみます。その回線の契約で18,000円のキャッシュバックを受け取れるとしたら、3年間の1ヶ月あたり500円の割引に相当する計算になります。キャッシュバックキャンペーンは同じ回線でも申し込む代理店によってキャッシュバックの金額や申込みの条件が異なりますので、慎重に検討する必要があります。

ただし、キャッシュバックキャンペーンは単純に戻ってくる金額が高ければいいというわけではないことには注意が必要です。キャッシュバックキャンペーンで気をつけたいのは「受け取り条件」です。

まず、キャッシュバックキャンペーンでは前述の通り「指定のオプション」をセットで契約しなければならないケースがほとんどです。そのオプションには当然ながら月額料金が発生するので、必要なサービスであれば良いのですが、キャッシュバックのためだけに不要なオプションまで契約すると余分に月額料金が発生して、その分だけキャッシュバックがお得ではなくなります。

次に、キャッシュバックは契約からすぐに受け取れるわけではなく、1年ほど経過してから受け取るという形になります。その間、解約するとキャッシュバックの条件を満たせない上に、高額な解約金が必要になる可能性があります。さらに、せっかく必要な期間が経過しても制限時間があって、メール等で告知される「いつまでに手続きを~」の期間がすぎると二度とキャッシュバックがもらえなくなってしまう可能性も高いのです。

このように、キャッシュバックキャンペーンには高額なキャシュバックの影にいくつもの落とし穴が潜んでいます。キャッシュバックキャンペーンを利用する際には金額だけに左右されず、受け取りのための条件まで慎重に検討する必要があるのです。

その他の特典にも注目

インターネットを契約する際には、キャッシュバック以外の特典にも注目したいところです。例えば高性能な最新のルーターを無料でレンタルできるといった内容の特典・キャンペーンが用意されているところもあります。

また、物品という形ではなく、何らかのサービスを無料で提供するという特典もあるのです。設定サポートを無料で利用できれば、パソコンやインターネットの設定が苦手・不安な人でも安心して契約できますね。そうした特典についても把握しておくといいでしょう。

その他に注意すべきポイントは?

少しでもお得な条件でインターネットを利用したいというのであれば、これまでに挙げた内容以外にも注目すべきポイントがいくつかあります。

乗り換え時の工事費用や違約金

まず、利用中の回線から別の通信会社に乗り換える際に発生する「工事費用」や「違約金」です。どちらの費用も支払うとなれば1万円前後~数万円の金額を請求されることになります。仮に36,000円払うと、3年間で月額料金が毎月1,000円高くなる計算になります。

支払いを回避するためには、工事費用については無料キャンペーンを利用してみてください。特定の条件を満たすことで、数万円の工事費用が半額~無料になるキャンペーンが利用できます。

違約金については、利用中の回線契約の内容を確認しましょう。通信回線の契約は契約期間の縛りがあり、特定のタイミング以外で乗り換え(解約)しようとすると支払い義務が発生します。乗り換えを考えた時、あと少しで違約金が発生しないタイミングになるのであれば、少し待ちましょう。違約金がかからないタイミングがしばらく到来しないなら、乗り換え後の方が月額料金が安いということであれば違約金を支払ってでも乗り換えたほうがお得になる可能性があります。

不要な通信速度やサービスに注意

インターネットを契約する際には、契約するプランに注意してください。例えばauひかりでは最近10Gbpsという爆速の回線を提供開始したのですが、これの月額料金は1年目で月額6,380円、1Gbpsのプランと比較して1,000円以上も月額料金が高いのです。

もちろん、最大10Gbpsという通信速度は魅力ではありますが、それだけの速度が必要な人ってけっこう限られていますし、通信機器も最大10Gbpsに対応したものを揃えないと意味がなくなります。毎月1,000円以上高いお金を払って、不要な回線の速さで契約することは、さすがに無駄がありすぎるのではないかと思います。

通信契約において無駄になりそうなのは、それだけではありません。光回線を契約する際には「ひかり電話」とか「ひかりテレビ」といったサービスもセットで契約できます。しかし、これらにも月額料金が発生します。セットで契約するのは本当に必要なサービスのみに限定して、不必要な料金が発生しないように注意しましょう。

月額料金だけでなく総合的に「安さ」を判断すべし!

インターネットを契約する際には、単純な月額料金だけ見てはいけません。特にスマホとのセット割は月額料金を安くしてくれるので、利用中のスマホでセット割が適用される通信会社があれば第一候補として挙げられます。それ以外にも月額料金を(実質的なものを含めて)安くしてくれるものや、逆に月額料金の負担が多くなる要素などを総合的に加味して、本当にお得な条件で利用できる通信会社を探してください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
トオル

トオル

元大手通信会社に10年勤務していたトオルと申します。 自分自身、インターネットの難しさに触れ、自分なりに勉強しながら解決する、という経験を繰り返してきました。 インターネット回線やモバイルルーター、SIMなどの知識には自信があります。 「インターネットに関しての難しい」を少しでも簡単に、親切にお届けできれば、と考えています。 趣味:PC、スマホなどのガジェット、マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒:ビール 好きな女性のタイプ:深田恭子 休日の過ごし方: 上記趣味とネットサーフィン