現在、インターネットを契約する際にはさまざまな選択肢があります。それぞれに特徴があり、ユーザーは最適な通信会社を選ぶ余地があるのはいいのですが、最適なところと契約するためには「比較」が必要不可欠です。そこで、自宅にピッタリのインターネット回線を選ぶ際のおすすめポイントと注意点について解説します。

スポンサーリンク

「有線」か「無線」か

インターネットを選ぶ時には、まず最初に「有線」か「無線」かを選ぶ必要があります。

有線のメリット・デメリット

有線のインターネットは、回線の引き込み工事を行って利用するインターネットです。実際にパソコンなどのデバイスにLANケーブルをつなぐかどうかではなく、自宅内に回線を引き込むタイプのインターネットを、ここでは有線のインターネットと表現します。具体的には「光回線」や「ADSL」のことを有線インターネットと言います。ここでは「フレッツ光」や「ドコモ光」などの光回線のことを中心に解説を進めていきます。

有線のインターネットのメリットとしては、「通信品質が安定する」ということが挙げられます。デバイスにもLANケーブルで接続していれば末端まで有線接続されており、電波状況のブレによって通信品質が変わることがありません。昨今の光回線は最大1Gbps(実際の通信速度はその数割程度)の速度で提供されており、高速で安定したネット環境が維持できます。

デメリットとしては、第一に「引き込み工事が必要である」ということです。立ち会いが必要ですし、工事費用がかかる場合もあります(キャンペーンで割引、無料になることもあり)。第二に「移動できない」ことです。終端装置の届く範囲であれば屋内の好きな場所でインターネットが楽しめるのですが、屋外に持ち出すことは非常に困難です。

無線のメリット・デメリット

無線のインターネットは、引き込み工事を必要としないインターネット回線のことを言います。具体的な名前で言えば「WiMAX」や「ポケットWi-Fi」のことを指します。

無線のインターネットのメリットは「持ち運び可能である」ということです。無線のインターネットは「モバイルルーター」という持ち運び可能なデバイスから子機をネットに接続するのですが、基本的にポケットやカバンに入るサイズで持ち運びに不自由しません。モバイルルーターに電波が届く範囲内であればどこでもインターネットが使えるので、外出先でも好きな時にインターネットが楽しめます。

デメリットとしては第一に「通信が安定しない」ことです。有線接続と比較すると通信が安定せず、特に場所の影響を受けるので常に同じ通信品質でインターネットを楽しむことは難しいでしょう。第二に「通信規制がある」ことです。あまり多くの通信量を短期間でやり取りすると通信規制がかかり、通信速度が極端に低下してしまいます。有線インターネットには、基本的にこれがありません。

有線・無線の選び方

このように、有線と無線で全く異なる特性があります。基本的に自宅内でのみインターネットを使いたいのであれば通信品質が安定する有線インターネットを、外出先でも使いたいのであれば無線インターネットを契約することをおすすめします。

おすすめの光回線の選び方

次に、光回線を選ぶ際のおすすめポイントについて説明します。

スマホのセット割を確認しよう

まずは、お使いのスマホをチェックしましょう。光回線の中には特定のモバイル回線と光回線(および指定のオプション契約)をセットで利用することによって、モバイル回線の月額料金にいくらかの割引を受けられる「セット割」を提供しているところがあります。

有名なのは大手キャリアとのセット割です。ドコモの「ドコモ光パック」、auの「auスマートバリュー」、ソフトバンクの「おうち割 光セット」です。格安SIMも、OCNモバイルONEやBIGLOBEモバイル、DMM mobileなど格安SIMと光回線を提供しているところであればセット割を実施しています。

特にauスマートバリューはauひかり以外にも割引の対象となる固定回線サービスが数多く存在します。お使いのスマホが光回線のセット割に対応している場合、その光回線が候補のトップに上がるでしょう。

キャッシュバックや特典で選ぶ

次に、提供されている「キャッシュバック」や「特典」で選ぶという方法が挙げられます。光回線は、特定の代理店で契約すると数万円のキャッシュバックや、ゲーム機や家電などをもらえるキャンペーンが実施されています。いくつかの光回線で悩んでいる時には、キャッシュバックや特典が最も豪華なもので選ぶというのもアリです。

ただし、キャッシュバックや特典をもらうための条件については十分に注意する必要があります。

最速の光回線はどこ?

光回線のメリットの一つに「通信速度が速い」ということを挙げていますが、インターネットを選ぶ際に通信速度の速さを重視する人も少なくありません。光コラボの場合、どの回線契約でも最大1Gbpsで変わり映えしませんが、2018年に入ってから通信速度の速さが目立つ回線業者が登場しています。

それは「NURO光」と「auひかり」です。NURO光は以前から単独で最大2Gbpsの回線を提供して注目を集めていたのですが、最近になって最大10Gbpsと6Gbpsのプランを提供開始しているのです。auひかりも、最大10Gbpsと5Gbpsのプランを提供スタートしています。

通信速度の速さで言えば、これらのプランを利用しない手はありません。ただし通信速度はあくまでも「最大でこれだけ速い」というものであり、実際の通信速度はお住いの地域や使用している通信機器によって大きく変動します。特に今まで1Gbpsの回線契約を利用していた人は同じ通信機器では10Gbpsの通信速度を活かせない可能性が高いので、お使いの通信機器のスペックを確認した上で乗り換える必要があります。

インターネットを申し込む時の注意点

最後に、インターネットの利用申込をする際に注意しなければならないポイントについて解説します。

利用可能なエリアに住んでいるか?

まずは、契約予定のインターネット回線を利用できる場所に住んでいるかどうかを確認する必要があります。特に先ほど説明した10Gbpsのプランは、関東の一部のエリアでしか利用できません。他のインターネット回線でも利用不可のエリアが設定されている回線契約がありますので、チェックした回線がお住まいの場所でも使えるかどうかはきちんと確認しておきましょう。

乗り換え時には「解約手数料」に注意

お使いの回線から引っ越し等を機に別の回線に乗り換える場合には「解約手数料」がかかる可能性があることを念頭に置いておきましょう。通信契約の多くは規定の期間を除き、解約時に解約手数料(違約金、解約金、契約解除料などと表現される場合もあり)の支払いが必要になります。規定されている期間内の解約であればかかりませんので、利用中の契約内容を確認して、いいタイミングで乗り換えられるようにしておきましょう。

本当にインターネットは必要なのか考える

これを言うと本末転倒になる可能性があるのですが、インターネットを契約する際には「本当にインターネットが必要なのか?」ということをきちんと考えた上で行ってください。昨今は多くの人がスマホを持っており、スマホでもインターネットは利用できます。

もちろんインターネットのほうが通信速度は速いですし、通信制限にひっかかることもありません。しかし1ヶ月●GBという縛りが気になるのであれば、スマホのプランを見直せば早いです。インターネットの利用にも月額料金がかかりますので、スマホで事足りるのであれば、毎月数千円の余計な通信費をかけるよりもスマホのプランを見直したほうがお得で利便性が高いかもしれません。

本当にインターネットの契約が必要であれば、ケチらずに契約しましょう。その際には押さえるべきポイントをきっちり押さえて、ピッタリな回線を見つけましょう。

安易に決めず、本当にピッタリな回線を

インターネットを選ぶ時には、さまざまな比較ポイントがあります。「●●だからオススメ!」という情報がネット上に多数存在していますが、本当にそれは自分にとって必要なポイントなのかどうか考える必要があります。

例えば通信速度がそこまで必要ないのに最大通信速度がずば抜けている回線契約は宝の持ち腐れになりますし、本当に必要なポイントを押さえてこその「比較」です。安易な条件で決めること無く、本当に「自分にとってピッタリな回線」を見つけ出してください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
トオル

トオル

元大手通信会社に10年勤務していたトオルと申します。 自分自身、インターネットの難しさに触れ、自分なりに勉強しながら解決する、という経験を繰り返してきました。 インターネット回線やモバイルルーター、SIMなどの知識には自信があります。 「インターネットに関しての難しい」を少しでも簡単に、親切にお届けできれば、と考えています。 趣味:PC、スマホなどのガジェット、マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒:ビール 好きな女性のタイプ:深田恭子 休日の過ごし方: 上記趣味とネットサーフィン