自宅でインターネット回線を利用する手段は、何も固定回線だけではありません。

WiMAXという無線のインターネット回線があります。

場所にこだわらずインターネットに接続できる魅力があるため、一人暮らしで生活をする人にとっては最適な通信手段となり得ます。

※関連記事

wimaxの人気格安プロバイダ9社を徹底比較!選び方のポイント


一人暮らしのインターネット回線はWiMAXがおすすめの理由

一人暮らしでは、WiMAXがおすすめです。

おすすめな理由としては、費用が安い点が挙げられます。


一人暮らしの際には、一戸建て住居で暮らす場合とアパートやマンションなどの集合住宅で暮らす場合の二つのパターンが考えられます。

どちらにしても、固定回線でインターネットを利用するためには工事をしなくてはいけません。


インターネット回線の開通のために工事には2万円から3万円程度の費用が必要になりますので、初期費用の段階で高い費用を支出しなくてはいけません。

また、固定回線を利用したインターネット回線は割高のプランになってしまうケースも多いです。


これは、インターネットの主流が光回線という高速な回線に移行しているからです。

従来までは、ADSLというネット回線でインターネットを行っていました。しかし、技術の発達によって多くのユーザーが、インターネットを高速な環境で行うようになりましたので、遅い環境でサービスを利用してしまうと、まともな状態でインターネットを利用することができなくなってしまったわけです。


そのため、近年では光回線という高速な回線が必須になっていて、特に固定回線を利用する人は、このサービスを前提とした契約が多いという事情があります。


一方で、WiMAXは固定ではなく無線を利用した環境です。

無線を利用した環境下だと、近くにインターネットを行うための通信データを送受信するための基地局だけがあれば問題ありません。

携帯端末などを利用する際には、同じように無線のデータをやり取りしていますよね。ああいった環境の構築を一戸建ての住居で行うのがWiMAXの魅力です。


当然、同じようなシステムで構築されていますので、WiMAXを利用できる環境では利用している携帯端末も一緒に利用できるケースが多いです。

実際に、プロバイダの中にはWiMAXを利用することで、携帯端末の環境も整えることが可能なサービスを提供している業者もあります。

一人暮らしの時には、なるべく他の部分にコストをかけることは無くしたほうが無難です。


WiMAXの場合は、インターネットに接続できる上に余計な費用もかかりません。

固定回線の場合は、契約をしたときに複数年の契約を前提として話が進められることがありますが、WiMAXの場合はそうした縛りもあまりありません。引っ越しをする時のリスクもないと言うわけです。

お金を節約したい一人暮らしのユーザーにとってはおすすめだと言えるでしょう。


WiMAXの魅力

WiMAXには、固定回線と比較してインターネットの通信が込みにくいという魅力があります。

例えば、集合住宅で暮らす場合をにはインターネットの通信の込みやすさは、必ず念頭に置いておかなくてはいけません。


インターネットは、世界中のユーザーが利用しているため、一つの回線に集中的にユーザーのアクセスがあると遅延が生じてしまいます。

これは、実は集合住宅で暮らしているようなとても、身近な環境であっても発生しやすいです。


アパートやマンションの中には、その建物の所有者が契約をしているプロバイダとしか、契約をすることができないことがあります。

この場合、そこで生活をしている住人の全員が、同じプロバイダのサービスを利用することになりますよね。


当然ですが、住人が同じインターネットの環境を利用することになりますので、データの送受信に大きな影響が生じてしまいます。

一戸建てで生活をしている場合には、同じプロバイダを利用しても遅延はないので、集合住宅で暮らしている場合には、同じプロバイダを利用した場合に遅延が生じる不思議なケースがあります。


こうした現象が生じるのは、このような事情があるからです。

固定回線で利用できるインターネットの環境には、共有スペースというものが存在します。

共有スペースの中で住人すべてが利用しなくてはならないので、混雑な状況を生み出すことになります。


固定回線では、このような共同回線と呼ばれる環境が存在しますので、一人暮らしの時には必ずこの点に注意が必要です。


対して、WiMAXはこうした環境と無縁であるという大きな魅力があります。

WiMAXは、インターネットの種類を問わずに快適な環境で使えます。重要なのは、暮らしているエリアに無線のデータを送受信できる環境が存在するかどうかです。


この環境の有無はとても重要です。固定回線の場合は、インターネットを利用する前に、まず工事を行って回線を通すことそのものを考えなくてはいけません。

この工事には1週間近くの期間がかかってしまうこともあり、すぐにインターネットを利用できるというわけでもありません。


一方で、WiMAXの場合は環境構築をプロバイダ自身がやってくれるため、時間はかかりませんし、データの送受信ができる準備さえ整っていればすぐにでもインターネットを使えます。

乗り換えをする時でも時間差が存在しないので素早く使える魅力があります。


一人暮らしでWiMAXを利用するメリット

WiMAXは、非常に高速な固定回線の光回線にも対抗できるくらいの速さがあります。

インターネットのデータの送受信の速度を確認する場合には、上りと下りという考え方を知っておかなくてはいけません。


上りというのは、自分が持っているパソコンから、何らかのデータをアップロードするときに必要になるものです。

例えば、メールを自分のパソコンに対して送信した場合には、送信したときと受信した時でタイムラグが存在しますよね。

このタイムラグが通信速度と関係しています。


反対に、下りというのは自分のパソコンからインターネットに繋ぐ時の速度のことを意味します。

一般のユーザーからすると、特に重要なのがこちらの速度ですね。


インターネットに繋いで色々なサイトや動画を確認する場合には、この下りの速度が反映されます。

動画を見ている時に動画の内容を十分に読み込まずに、止まってしまうことがありますよね。

あのような現象になるのは、パソコン側からインターネットに繋ぐ時に、十分なデータの送受信が出来ていないことを意味します。


そのため、一人暮らしで快適なインターネットを使いたい場合には、この下りの速度を重視することが大切です。

この点、WiMAXの通信速度は理論上で、光回線にも負けない速度が出せることがわかっています。


WiMAXでは、場合によって最大で100Mbps以上の速度が出せますが、地域によっては光回線でもこれほどの速度は出せないため、WiMAXが非常に優秀であることがわかります。

さらに、通信容量のプランは、ユーザー自身で決めることができるというメリットがあります。


固定回線は、一律に無制限に通信を利用できるという利点が存在します。ただ、一律に利用できる一方で、料金が高くなるというデメリットがあるのも事実です。

日常生活を送っている人の中には、様々な目的でインターネットを利用する人がいます。

単純にネットサーフィンだけを行いたい人と、動画の投稿や閲覧を常に行っている人では使う容量に大きな差が生じます。


けれど、使う容量が無制限で一律に同じである場合には、こうしたケースの違いであっても同じように費用を支払わなくてはいけません。

これは、インターネットをネットサーフィン程度にしか利用しない人にとってはとても不公平です。


そのため、WiMAXではプランごとに通信容量の制限を決めていて、誰でも使いやすいように工夫をしています。

こうすることで、ユーザー同士の不公平さを無くすことができるわけです。


一人暮らしでWiMAXを利用するデメリット

WiMAXのデメリットは、使う人の環境によって生じるものです。

単純に一人暮らしで、インターネットでサイトを閲覧することしか行わない人にとっては、大きなデメリットはありません。

一方で、使う用途によっては確かにデメリットも存在します。


しかし、こうしたデメリットも対策を講じることで、問題なく利用し続けることができるため、デメリットと一緒にその対策も覚えておくと良いでしょう。


例えば、インターネットを利用して動画を投稿したり、オンラインゲームをする人は、特にWiMAXのデメリットと直面するケースがあります。

動画サイトに動画を投稿する場合には、自身のパソコンからデータを送信することになるため、上りの速度も参考にしなくてはいけません。


しかし、WiMAXは快適なインターネットの閲覧や、動画の視聴を前提としてサービスを提供していることが多いため、下りを優先的にしていることが多いです。

ですから、動画などをアップロードしたいと考えている場合には、上りの通信速度が優秀なサービスを選択して対策をしておく必要があります。


また、オンラインゲームなどをしたい場合にも通信速度はとても大切です。

オンラインゲームの通信速度は、速ければそれで良いというわけではなく、バランスが大切です。


この点は非常に誤解をしている人も多いですが、オンラインゲームに利用されているデータには通信速度以外にも、他のパソコンパーツに依存している要素が多いことがあります。

例えば、キーボードに文字を入れて、それが画面に反映するまでに多少の時間差がありますよね。


オフラインで行っているときには大きな差は感じませんが、オンラインゲームのようにインターネットと繋がっている場合には、その傾向が強くなります。

これは、パソコンに利用されているオンラインゲームのための周辺機器が、WiMAXの速度と合っていないからです。


この場合は、プロバイダ側の料金プランを容量を最も大きいものに変えても意味がありません。

モニタやキーボードから発信されるインターネットに対する情報の方が、実はオンラインゲームなどにとっては大切になります。


そのため、WiMAXを利用してゲームをしたい場合には、通信速度だけではなく周辺機器の環境を考慮する必要があります。

上りと下りのバランスを考えて、反応しやすい周辺機器を用意することで、WiMAXでのオンラインゲームのデメリットは比較的簡単に解消できるでしょう。


WiMAXはホントに安い?

WiMAXは、固定回線と比較すると遥かに安いです。

これは間違いありません。


固定回線では、定期的にキャンペーンを行っているため、基本料金が安いと勘違いをしている人は多いです。

しかし、平均的な固定回線の相場は5000円から7000円程度はあります。

それと比較してWiMAXは安ければ2000円台の料金も存在します。

なぜこれほど二つのサービスで料金の違いが出てくるのでしょうか。


これには、光回線などを提供しているプロバイダの事情があります。

従来までは、プロバイダは携帯端末のサービスと同様にキャンペーンなどを重ねて利用してから、だいたい2年間は安い料金プランで利用できるように工夫をしていました。

本当ならば平均して5000円以上はかかるのに、キャンペーンを利用することで月額で2000円から3000円程度の費用で済ませることができるようにしていたわけです。


ところが、大手プロバイダのこうしたサービスは、キャンペーン期間が切れると途端に料金が大幅に上昇する傾向があったため、社会的な問題にもなりました。

しかも、キャンペーンが切れた後も継続的に、そのプロバイダと契約をしなくてはいけないような状況になっていて、結局ユーザーが支払うお金は高くなるという仕組みになっていたわけです。


しかも、一人暮らしのようにずっとその住宅で過ごすかどうかわからない場合には、中途の契約の解消で高いお金を支払わなくてはならない可能性もあって、デメリットが大きいという背景もありました。

こうした状況から、ユーザー自身がプランを選択できるWiMAXのサービスが躍進してきました。


そもそも、固定回線ではインターネットを利用するときに、必ずルーターの貸出料金が付加されます。

この点、WiMAXではルーターの貸出料金は非常に安く、最高でも1円程度にしか設定されていません。


インターネットを利用する際に必要になるのは、インターネットをするための通信回線の設備の初期費用、それに伴う月額料金、そしてルーターの貸出代金です。

この三つの内、WiMAXでは工事も必要なくルーターの代金も必要ないので、月額料金しか必要になりません。


反対に、固定回線は上記三つが必要になることが大半です。

そのため、キャンペーンという期間限定のサービスを考慮しないのならば、WiMAXが固定回線よりも料金が高くなるということはまずないと考えて間違いないでしょう。


WiMAXの最安値を調べてみた

※最安値人気プロバイダを比較した詳しい情報はこちらをご覧ください。

2018年1月wimax2 のキャンペーンを比較!人気の最安値プロバイダ4選


WiMAXの最安値は、2000円台から3000円台を推移しています。

時期によって金額に若干のバラツキが存在するのは、提供するプランが変化するからです。


例えば、WiMAXは固定回線と異なって、最初から提供されている容量に制限が存在するものがあります。

当然、容量に限界がある方が料金は安くなりますし、容量に限界がない方が料金は高くなります。


仮に、7GBの容量でサービスを利用しようと考えている場合には、2018年現在の最安値で2600円程度のプランが存在します。

一人暮らしを考える場合は、多くの容量は必要にならないので、これで十分なユーザーも多いです。


反対に、使い放題のプランで述べれば、最安値では3500円程度が相場です。

こうした月額の基準金額に加えて、WiMAXの基本的なインターネットのプランをオプションとして追加的に考えていく必要があります。


無線回線の場合は、初期費用として工事費が必要ないので、条件さえ整えばすぐにインターネットを利用できることに間違いありません。

ただ、すぐに利用するとはいっても、インターネットの接続方法やインターネットの環境設定をユーザーが理解しておく必要があります。


こうしたことに疎い人は、別途オプションとしてサポートプランに加入する必要があります。

このサポートプランに関しては、月額で300円から1000円程度が相場です。


また、別途携帯端末を利用している人は、さらに金額が安くなる可能性もあります。

これは、大手プロバイダの中に、優秀な無線基地局を既に準備している業者が存在するからです。


携帯端末の大手キャリアとしてサービスを提供している業者は、その業者が提供している通信サービスを流用してWiMAXが使えますので、携帯端末の延長線上でサービスを使えば、非常に安い価格でインターネットを利用できることもあります。


例えば、携帯端末とパソコンのWiMAXを利用すれば、携帯端末の利用料金を下げてくれるサービスプランなどが存在します。

こうしたプランを利用する場合には、実質的な料金プランは現状の最安値よりも、さらに安い価格で利用できる可能性があります。


このように、WiMAXで重要なのはその時期に提供されているプランです。

大手プロバイダと異なって容量に限界がありますので、どのプランを利用するかはユーザー次第です。


確かに容量の制限は存在しますが、そのおかげで用途に沿った使いやすくて安い料金プランが提供されています。

あらかじめインターネットの目的がはっきりしている人にとって、WiMAXはお得だと言えるでしょう。


WiMAXの速度制限について

無線回線であるWiMAXには、速度制限という一種のルールが存在します。

既に述べた通り、WiMAXは自由にユーザー側が好きな容量のプランを選択できる余地があります。


しかし、場合によっては契約をした通信容量以上のデータを取得してしまう可能性もあります。

この場合には、通信速度が制限されて、なかなか回線が繋がらなくなってしまいます。


インターネットに存在するデータには、それぞれの容量が存在します。

この容量はそれぞれのデータによって大きく異なっている傾向にあり、例えば動画やゲームといった大容量のデータを、自分のパソコンにダウンロードするときには、相応のスペックが必要になります。


パソコンに含まれているデータは、目に見えないだけで日々様々な情報が蓄積されています。

単純にインターネットに繋げてサイトを閲覧するだけでも、一定量のデータは必要になりますので、ユーザーが必要と考えるデータ量を計算しておくことは実は非常に大切なのです。


WiMAXでは、この容量に最初から制限を付けておくことによって、必要分だけをユーザーに還元するような料金プランを提供しているわけです。

基本プランとしては、7GB程度のデータ量を使うことができます。


一般的な携帯端末のデータ量が多いときで4GB程度に設定されていますので、一人暮らしで携帯端末程度のインターネットしか閲覧していない人にとっては十分と言えるでしょう。


反対に、テレビなどを見ないかわりに、インターネットで動画を毎日閲覧している人は、7GB程度では足らなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

速度制限になってしまうと、動画サイトの動画を閲覧することはできなくなりますし、インターネットのサイトの表示速度がものすごく遅くなります。


上記のように、普通に閲覧するサイトからも、日々データは送られていますので、これを閲覧するためには、きちんとデータを保管できるだけのスペースが必要になります。

また、プロバイダによっては三日間ルールというものが存在します。


これは、三日で10GBを超えて利用したときに自動的に制限がかかるルールのことです。

通常は短期間でこれほど大きなデータは扱いませんが、ゲームや動画に集中的に時間をかける人は、こうした速度制限のルールに引っかかってしまうこともあり得ます。

このような速度制限を気にせずに自由にインターネットを楽しみたい人は、無制限のプランを選択すると良いでしょう。


一人暮らしでお得にWiMAXを利用するテクニック

一人暮らしでお得にWiMAXを利用する場合には、携帯端末とWiMAXの契約を同時に検討することと、契約年数に注目をしてプランを選択することが大切です。


光回線のような固定の通信設備の特徴は、大きな端末を利用しないとその設備を上手く利用することができない点です。

無線ではないので、携帯端末を持っていたとしても利用できないため、大容量の通信には向いていますが場所が限定されるため、携帯端末との契約を分けて考えなくてはいけません。


当然ですが、この場合には携帯端末と固定回線分の料金を加算しなくてはならないので、大きな費用となってしまいます。

一人暮らしを考える際には、こうした別々に考えなくてはならない料金プランを、一つのプランとして考えることが大切です。


携帯端末とWiMAXの共通点は、共に無線回線で速度制限が存在する通信設備を利用していることにあります。

通信のインフラ状況がほとんど同じであるため代用がききますので、料金を一緒にして契約をすることが認められていることが多いです。


しかも、近年は携帯端末を持っていれば、同種のプロバイダに相談を行うことによって乗り換えを行うことが可能です。

同じ無線回線を利用して料金をセットにすれば、月額で数千円以上の費用削減に繋がりますので、一人暮らしには良いテクニックと言えるでしょう。


そして、一人暮らしでさらに小さく料金プランを設定したい場合には、契約年数にも注目をする必要があります。

WiMAXでは、固定回線の時のように、あからさまに複数年の契約を前提とした違約金を支払わせるようなことはしません。


そのかわりに、契約期間を短くして、単年ごとの料金を若干大きくさせるような企業努力が行われています。

言い換えれば、一人暮らしの年数が長くなると判断できる場合であれば、複数年の契約をWiMAXで行うことによって、単年ごとの利用料金を小さくできるメリットがあるのです。


もちろん、WiMAXの場合はユーザー自身で契約年数を考慮できるメリットはありますが、固定回線の時と同様に、契約を中途で解約すると違約金が生じる可能性があるので注意が必要です。

一人暮らしをしていて、同じ住居で長期的に暮らす場合であれば、携帯端末とWiMAXのセット料金、そして契約年数に注目をすることで劇的に料金を安くできます。

この場合、余分なお金でオプションを追加的に選択することもできるので、さらに色々なテクニックを駆使できる可能性が広がります。


見逃せないWiMAXのキャンペーンはコレ!

WiMAXはWEB限定のキャンペーンを展開することが多く、利用したいプロバイダがあったときには必ずチェックすることです。

どのキャンペーンも期間限定であることが大半なので、申込を行う際にはタイミングを間違わないように注意をしなくてはいけません。


実際に、キャンペーンの得点にはかなりの差が存在します。

例えば、最も馴染みのあるキャンペーンはキャッシュバックのキャンペーンです。


文字通り、お金を貰うことができますので、安い料金プランを設定してキャッシュバックのキャンペーンを利用すれば、実質的な負担を限りなく小さくすることができるでしょう。

キャッシュバックのキャンペーンがある場合には、そのキャンペーンが実際にいつ実施されるのかを確認することが大切です。


例えば、名前のあまり知られていない新興のプロバイダを利用すると、キャッシュバックに異常に時間がかかるケースもあります。

これは、実際に携帯端末のプロバイダで生じている問題です。


キャンペーンを告知してサービス利用者を募集しているものの、肝心のキャンペーンの実施時期が記載されていない場合には、長期で待たなくてはいけないこともあります。

そうしている内に契約の解約があると全く意味がありませんので、この確認は必ず行っておきましょう。


また、見逃せないのがルーターのキャンペーンです。

WiMAXというのは、あくまでも無線回線を利用した通信サービスであるため、ルーターの性能が実は通信速度に大きな影響を与える特徴があります。

特に、下りの通信速度に影響を与えるルーターが存在し、キャンペーンを利用して予約をしておけば、最新性のルーターを貸し出してくれるサービスが提供されています。


ルーターの価格は一般的な価格は無料ですが、良い製品をあえて選択する場合には、月額料金にオプションとしてプラスされることがあります。

しかし、キャンペーンを利用しておけば最新のルーターであっても、無料で貸し出してくれるのでかなりお得です。


しかも、複数年契約であっても貸し出してくれるので、その期間中は快適なインターネットを楽しむことができます。

WiMAXが提供するルーターはモバイルで小さいものが多く、持ち運びができるものも多いです。

持ち運びができるルーターを選んでおけば、日本全国どこにいても端末さえ存在すればインターネットに繋ぐことができるため、性能が良いものをキャンペーンを利用して選択すると良いでしょう。


WiMAXの申し込み方法

WiMAXの申込方法は、他の通信サービスと比較して注意をしなくてはならないことがあります。

それは、特定の申込方法を選択しないと、具体的な料金プランの設定やキャンペーンの恩恵などを受けることができないケースがあることです。


例えば、キャッシュバックのキャンペーンを提供しているプロバイダの中には、公式のサイトから申し込みをしてはならないなどの、制限が存在するケースがあります。

そのプロバイダが提携をしているサイトや家電量販店などから契約をしないと、実は意味がないことが多いので、一人暮らしでWiMAXの契約をする際は、この点を必ず理解しておきましょう。


具体的なWiMAXの申込方法は、家電量販店や販売代理店、公式ホームページなどの種類があります。

大切なのは、これらすべてでキャンペーンが全く違うことです。


例えば、家電量販店で契約を行った際には、5万円程度のキャッシュバックがあったとします。

この場合は、即日でお金を貰うこともできるのですが、実は料金プランが限定されていることがあって、実質的にWiMAXの格安プランを利用できないケースも目立ちます。


ですから、キャッシュバックだけが欲しい場合には、こうした家電量販店を利用した申し込み方法が無難です。


反対に、販売代理店に関しては、キャッシュバックの金額が1万円から3万円程度の相場に落ち着くものの、長期的な料金プランを安く設定できるという大きなメリットがあります。

WiMAXを継続的に利用し続けたいと考えている人にとっては、とても向いている方法だと言えるでしょう。


他にも、提携サイトなどから申し込みする方法がありますが、この場合もキャッシュバックの金額と比較して、料金プランに不透明さが存在することがあります。

キャンペーンの価格と、料金プランのバランスが整っているところを選択することが好ましいです。


肝心の中身のサービスは、申し込み方法に関して違いは生じませんので、その点は心配ありません。

どの方法で申し込みをしても利用する通信回線は全く同じなので、やはり契約時に伴う料金のみに気をつけることです。


追加的なプランとしてサポートを選択したいときも、提携サイトや店舗ではプロバイダ本来のサポートを受けることができないことも考えられます。

本人だけで全てインターネットの問題を解決できるなら問題ありませんが、自信のない人はサポートも充実している申し込み方法を選択しましょう。


まとめ

WiMAXは、一人暮らしで契約をする際に料金を安くできる魅力的な通信手段です。

安いだけではなく、自分の目的に従ったプランを選択することで固定回線にも負けないくらいの容量と通信速度で利用できます。

申し込み方法に注意をして、快適なインターネットを実現しましょう。


※オススメのWiMAXプロバイダーは以下の4つです。自分のタイプに合わせてお選びください。

・年間のトータル費用を安く抑えたい人は【GMOとくとくBB】がオススメ(キャッシュバック含む)

※関連記事

gmoとくとくBBwimax!違約金なしで解約する手順と注意点

・月額の使用料安く抑えたい人は So-net モバイル WiMAX 2+がオススメ(月額2480円から)

・初期費用を少なく使用したい人はビッグローブWiMAXがオススメ

・早く使いたい方、保証が気になる方はUQ モバイルがオススメ



※WiMAXの関連記事です。

NEXT mobile(ネクスト モバイル)の評判!WiMAXと性能を比較

WiMAXの通信速度が遅い原因と簡単にできる対処法!

wimaxの通信制限を確認する方法と通信制限を解除する方法とは!猿でもわかるやり方

WiMAXと光回線を徹底比較!通信速度・価格・メリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)通信が安定しない原因と対処法!電波が弱いの?

高層ビルマンションの何階までWiMAXの電波が届くのか?調べてみた!

人気の無制限ポケットwifi4つを比較!固定回線から乗り換えた時のメリットデメリット

ポケットwifiの最も安い月額料金プランを比較!メリットとデメリットを契約前に確認

The following two tabs change content below.

トオル

元NTT関連会社の社員です。 インターネット通信やWi-Fiの修理のお仕事をしていた知識を生かして、モバイルWi-Fiルーターや光回線等を比較して、お得なインターネット環境をご紹介いたします。 環境にあった早くて快適なWi-Fiの使い方などのウラ情報も知っていますので、Wi-Fiルーターのつなぎ方がわからない初心者の方にも参考になる記事を書いていきますね。 インターネットのつなぎ方がわからない方もぜひご覧ください。 趣味 マラソン、釣り、マージャン 好きなお酒 ビール 好きな女性のタイプ 深田恭子 きゅうじつの過ごし方 趣味とネットサーフィン